球界一の如才なさ 西武・伊原監督の“筆まめ”

公開日: 更新日:

 西武・伊原春樹新監督(65)は、筆マメで知られる。年賀状や暑中見舞いはもちろん直筆で、「電話やメールじゃ気持ちは伝わらない」と、世話になった人への礼状も欠かさない。そんな指揮官を「球界には珍しい常識人」と評する声がある一方で、「如才のなさは球界一」との見方も多い。

「西武コーチ時代、当時の堤オーナーにもよく手紙を書いていたらしい。建白書みたいな内容のものもあって、02年の監督就任は、それがモノをいった。今回、10年ぶりに西武に復帰したのも、現オーナーに手紙でも書いたんじゃないか」とは、某西武OB。30年に及ぶ指導者歴は、そうしたゴマすりのたまもの、というやっかみの声だ。

 キャンプ2日目の2日、その伊原監督が就任後に初めてノックバットを握った。三塁の守備位置についた外野手の大崎らに対し、声を張り上げながら鋭い打球を連発。5年ぶりに打ったというノックの感想を聞かれ、「コーチがやらせてくれないから、強権を発動した」とご機嫌だった。

 この日は、後藤オーナーがキャンプを視察。精力的な指揮官の姿が頼もしく映ったことだろう。
「ほとんど丸一日(練習を)見られていた。熱心ですね」と感謝の言葉を口にした伊原監督。5年ぶりに握ったノックバットがすりこぎに見えたOBもいるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  5. 5

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  6. 6

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  7. 7

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

もっと見る