球界一の如才なさ 西武・伊原監督の“筆まめ”

公開日:  更新日:

 西武・伊原春樹新監督(65)は、筆マメで知られる。年賀状や暑中見舞いはもちろん直筆で、「電話やメールじゃ気持ちは伝わらない」と、世話になった人への礼状も欠かさない。そんな指揮官を「球界には珍しい常識人」と評する声がある一方で、「如才のなさは球界一」との見方も多い。

「西武コーチ時代、当時の堤オーナーにもよく手紙を書いていたらしい。建白書みたいな内容のものもあって、02年の監督就任は、それがモノをいった。今回、10年ぶりに西武に復帰したのも、現オーナーに手紙でも書いたんじゃないか」とは、某西武OB。30年に及ぶ指導者歴は、そうしたゴマすりのたまもの、というやっかみの声だ。

 キャンプ2日目の2日、その伊原監督が就任後に初めてノックバットを握った。三塁の守備位置についた外野手の大崎らに対し、声を張り上げながら鋭い打球を連発。5年ぶりに打ったというノックの感想を聞かれ、「コーチがやらせてくれないから、強権を発動した」とご機嫌だった。

 この日は、後藤オーナーがキャンプを視察。精力的な指揮官の姿が頼もしく映ったことだろう。
「ほとんど丸一日(練習を)見られていた。熱心ですね」と感謝の言葉を口にした伊原監督。5年ぶりに握ったノックバットがすりこぎに見えたOBもいるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る