球界一の如才なさ 西武・伊原監督の“筆まめ”

公開日: 更新日:

 西武・伊原春樹新監督(65)は、筆マメで知られる。年賀状や暑中見舞いはもちろん直筆で、「電話やメールじゃ気持ちは伝わらない」と、世話になった人への礼状も欠かさない。そんな指揮官を「球界には珍しい常識人」と評する声がある一方で、「如才のなさは球界一」との見方も多い。

「西武コーチ時代、当時の堤オーナーにもよく手紙を書いていたらしい。建白書みたいな内容のものもあって、02年の監督就任は、それがモノをいった。今回、10年ぶりに西武に復帰したのも、現オーナーに手紙でも書いたんじゃないか」とは、某西武OB。30年に及ぶ指導者歴は、そうしたゴマすりのたまもの、というやっかみの声だ。

 キャンプ2日目の2日、その伊原監督が就任後に初めてノックバットを握った。三塁の守備位置についた外野手の大崎らに対し、声を張り上げながら鋭い打球を連発。5年ぶりに打ったというノックの感想を聞かれ、「コーチがやらせてくれないから、強権を発動した」とご機嫌だった。

 この日は、後藤オーナーがキャンプを視察。精力的な指揮官の姿が頼もしく映ったことだろう。
「ほとんど丸一日(練習を)見られていた。熱心ですね」と感謝の言葉を口にした伊原監督。5年ぶりに握ったノックバットがすりこぎに見えたOBもいるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る