西武・浅村のバットを湿らせる「二塁スタメン」の負担

公開日: 更新日:

 たかがオープン戦とはいえ心配だ。6日の中日戦に「4番・二塁」で出場したのが西武浅村栄斗(23)が、この日「も」3打数無安打。練習試合でこそ1本ヒットを打ったものの、これでオープン戦3試合で9打数無安打とバットが湿りっぱなしなのだ。

 浅村は昨季リーグ打点王(110)に輝き、ホームランも同3位の27本。そんな強打者が苦しんでいるのが、今季からコンバートされた二塁守備だ。

 もともと浅村は遊撃手。守備下手なためにさまざまなポジションをたらい回しにされ、昨季はケガで離脱した主砲・中村の穴埋めとしてシーズン途中から一塁を任された。負担の少ない一塁だったからこそ、打撃に専念できたともっぱらだ。

 キャンプでは奈良原内野守備走塁コーチと二人三脚で、二塁守備の特訓。それなりにサマにはなってきたとはいえ、守りの負担がバットにかかっているのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る