大金が無駄…西武が読み違えた「おかわり」中村の大型契約

公開日:  更新日:

 後悔先に立たず、だ。21日のロッテ戦を欠場した西武の中村(30)。左脇腹痛は治り、試合前練習ではスイングも見せていたものの、今度は背中の張りを訴えた。

 19日の広島戦も1打席のみで早退しており、伊原監督も「開幕どうこうじゃない。無理でしょう」と意気消沈だ。

 中村は11年オフに3年総額10億円の大型契約を結ぶと、2年目の昨オフは新たに4年総額20億円で契約更新。中村は昨季FA権を取得しており、西武からすれば「複数年契約が切れてから交渉したのでは他球団に流出してしまう」との恐れもあったのだろう。

■昨季はたった26試合

 とはいえ、昨季は左足手術の影響と左肩痛でわずか26試合の出場。まさか今季もとなれば、大金をドブに捨てることになる。ある西武OBは「完全に球団の読み違い」とこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る