日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セペダで5人目…巨人「助っ人枠」で2軍落ちするのは誰?

 巨人が23日の対DeNA戦を4-1で勝ち4連勝。この試合は、外国人パワーを見せつけた

 ロペスは同点ソロ本塁打を含む3安打。アンダーソンも3安打1打点と22日の逆転満塁弾に続き、連夜の活躍だ。先発セドンは7回1失点で2勝目。「飛び過ぎる違反ボール」の影響で多くの投手が苦しむ中、助っ人左腕は防御率2.01と安定している。九回はマシソンが締めた。

 今年の巨人は外国人選手がフル回転。5月中旬にはさらにもう一人が加わる。獲得したキューバの主砲、フレデリク・セペダ(34)だ。ここで外国人枠(4人)問題が浮上する。今いる誰かを二軍に落とさなければセペダは使えない。チーム内から「そのキューバ選手ってDHか外野手だろ? 今、必要?」という声も上がる中、セペダが支配下選手登録された21日、原監督は「幸い今はウチの外国人選手は4人とも元気で活躍してくれているが、これは珍しいケース。危機管理として何かが起こる前に手を打つことに意味がある。いいタイミングでの補強」と“雑音”を打ち消している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事