• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人4連敗 統一球に翻弄マシソン「ダメ助っ人」に逆戻り

 またやられた。

 15日のヤクルト戦、2番手で登板した巨人のスコット・マシソン(30)は同点の八回、2四球と安打で1死満塁のピンチを招くと、畠山にストレートの押し出し四球を与えて降板した。この日の4失点で防御率は12.86。早くも2敗目(1勝)を喫し、「何をやってもうまくいかない」といら立ちを隠せなかった。

 150キロを超える速球を武器に、昨季までの2年間でわずか3本しか打たれなかった本塁打は、今季すでに3本。リリーフ投手の中では12球団ワーストだ。原監督が絶大な信頼を寄せていたセットアッパーが、なぜこうも打たれるのか。

 他球団からは「今年は直球が高い」「球が速いから合わせれば勝手に飛んでいく」などといった声が出ているが、巨人の球団関係者は「ボールの影響もある」と続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る