巨人4連敗 統一球に翻弄マシソン「ダメ助っ人」に逆戻り

公開日:  更新日:

 またやられた。

 15日のヤクルト戦、2番手で登板した巨人のスコット・マシソン(30)は同点の八回、2四球と安打で1死満塁のピンチを招くと、畠山にストレートの押し出し四球を与えて降板した。この日の4失点で防御率は12.86。早くも2敗目(1勝)を喫し、「何をやってもうまくいかない」といら立ちを隠せなかった。

 150キロを超える速球を武器に、昨季までの2年間でわずか3本しか打たれなかった本塁打は、今季すでに3本。リリーフ投手の中では12球団ワーストだ。原監督が絶大な信頼を寄せていたセットアッパーが、なぜこうも打たれるのか。

 他球団からは「今年は直球が高い」「球が速いから合わせれば勝手に飛んでいく」などといった声が出ているが、巨人の球団関係者は「ボールの影響もある」と続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る