巨人4連敗 統一球に翻弄マシソン「ダメ助っ人」に逆戻り

公開日:  更新日:

 またやられた。

 15日のヤクルト戦、2番手で登板した巨人のスコット・マシソン(30)は同点の八回、2四球と安打で1死満塁のピンチを招くと、畠山にストレートの押し出し四球を与えて降板した。この日の4失点で防御率は12.86。早くも2敗目(1勝)を喫し、「何をやってもうまくいかない」といら立ちを隠せなかった。

 150キロを超える速球を武器に、昨季までの2年間でわずか3本しか打たれなかった本塁打は、今季すでに3本。リリーフ投手の中では12球団ワーストだ。原監督が絶大な信頼を寄せていたセットアッパーが、なぜこうも打たれるのか。

 他球団からは「今年は直球が高い」「球が速いから合わせれば勝手に飛んでいく」などといった声が出ているが、巨人の球団関係者は「ボールの影響もある」と続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る