キューバ選手解禁 最強スラッガー巨人セペダは使えるのか

公開日:  更新日:

 キューバの主砲、フレデリク・セペダ(34)の獲得を発表した巨人は、以前から野球界で世界最強といわれたこの社会主義国に目をつけていた。

「長嶋監督が現場復帰した93年、それに合わせて当時、世界最強打者といわれたキューバのO・リナレスの獲得に動いたのが最初です。キューバ選手にゾッコンだった長嶋監督の希望を受け、読売新聞が首都ハバナに支局までつくり、現地の人間を採用してパイプづくりを始めた。以降、キューバ選手の解禁がウワサされるたびに振り回されながらも、代表チームのコーチを指導者研修で受け入れるなど、地道に関係を築いてきた。今回、セペダの獲得が決まり、長嶋終身名誉監督が『20年来の希望がようやく実現した』とコメントしたのはそういう背景があるのですが、実は長嶋さん以上に熱心だった人間がいる。今の原監督です」(球界関係者)

 02年に特例でリナレスが中日入りしたものの、キューバ選手の解禁はこれまで、浮上しては消えてを繰り返してきた。方針が二転三転する相手に一時は巨人のキューバ熱も冷めかけたが、原監督は継続的な調査の必要性を主張。自ら、OBに「キューバを中心とした中南米のスカウトをやってもらいたい」と要請したこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る