• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オフ大粛清の予兆? 一軍より壮絶な中日「二軍」の猛練習

「中日くらいです、こんな練習をしてるのは」

 ハマスタ関係者も驚いていた。1日のDeNA戦の試合前、室内練習場で大島、堂上直ら中堅・若手組が早出特打。珍しいことではなく、今年の中日はビジターの試合でも早出練習が課されている。「しっかり準備、確認ができる。いい練習です」と言う堂上直は汗でビッショリだった。

「二軍はもっと凄い」とは、チーム関係者。「早出に始まり夜8時、9時まで夜間練習をやってます。谷繁監督の『技術のない選手は練習で鍛える』という意向を汲んだもので、12時間の猛練習で地獄といわれたキャンプよりもキツイと、若手は悲鳴を上げている」

 シーズン中にもかかわらず、一軍も二軍も猛練習。育成に本腰を入れる現場の方針だが、裏を返せば、それだけ中堅・若手が伸び悩んでいる証拠でもある。課題の世代交代に光が見えない首脳陣の危機感の表れだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る