日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オフ大粛清の予兆? 一軍より壮絶な中日「二軍」の猛練習

「中日くらいです、こんな練習をしてるのは」

 ハマスタ関係者も驚いていた。1日のDeNA戦の試合前、室内練習場で大島、堂上直ら中堅・若手組が早出特打。珍しいことではなく、今年の中日はビジターの試合でも早出練習が課されている。「しっかり準備、確認ができる。いい練習です」と言う堂上直は汗でビッショリだった。

「二軍はもっと凄い」とは、チーム関係者。「早出に始まり夜8時、9時まで夜間練習をやってます。谷繁監督の『技術のない選手は練習で鍛える』という意向を汲んだもので、12時間の猛練習で地獄といわれたキャンプよりもキツイと、若手は悲鳴を上げている」

 シーズン中にもかかわらず、一軍も二軍も猛練習。育成に本腰を入れる現場の方針だが、裏を返せば、それだけ中堅・若手が伸び悩んでいる証拠でもある。課題の世代交代に光が見えない首脳陣の危機感の表れだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事