念願の移籍後初本塁打 中日・小笠原に“怖さ”が戻ってきた

公開日:  更新日:

 真骨頂の低く鋭い打球が右翼スタンドに突き刺さった。9日のヤクルト戦の八回2死一塁、代打で登場した中日の小笠原道大(40)が移籍後初となる今季1号本塁打。ホームラン賞の人形を受け取り、ベンチ前で出迎えたナインとハイタッチすると、最後に“この人形はどうするの? スタンドに投げるの? もらえるの?”と戸惑い気味に聞く姿が「18年目の新人」らしかった。

 ここ2年間、巨人での試合出場は計56試合。原監督の構想から完全に漏れ、巨人を退団する決意を固めてFA宣言したものの、一向に電話は鳴らなかった。引退が頭をよぎる中、中日の落合GMから連絡が入ったのが交渉解禁3日目。すぐに返事をしなかったのは、同じ日数を待ってみて、その間に覚悟を決めるためだったという。中日に「よろしくお願いします」と返事をしたのは、交渉が解禁されて6日目。小笠原にとっては短くも長い移籍決定だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る