日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

念願の移籍後初本塁打 中日・小笠原に“怖さ”が戻ってきた

 真骨頂の低く鋭い打球が右翼スタンドに突き刺さった。9日のヤクルト戦の八回2死一塁、代打で登場した中日の小笠原道大(40)が移籍後初となる今季1号本塁打。ホームラン賞の人形を受け取り、ベンチ前で出迎えたナインとハイタッチすると、最後に“この人形はどうするの? スタンドに投げるの? もらえるの?”と戸惑い気味に聞く姿が「18年目の新人」らしかった。

 ここ2年間、巨人での試合出場は計56試合。原監督の構想から完全に漏れ、巨人を退団する決意を固めてFA宣言したものの、一向に電話は鳴らなかった。引退が頭をよぎる中、中日の落合GMから連絡が入ったのが交渉解禁3日目。すぐに返事をしなかったのは、同じ日数を待ってみて、その間に覚悟を決めるためだったという。中日に「よろしくお願いします」と返事をしたのは、交渉が解禁されて6日目。小笠原にとっては短くも長い移籍決定だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事