• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

勝っても憮然 中日・谷繁兼任監督もイラつく“統一球問題”

「カブレラが勝って、ベンちゃんが1000打点を挙げて、平田が打った。単純にそんな試合でした」

 勝利監督インタビューを受ける谷繁兼任監督の表情はぶぜんとしていた。

 中日打線はDeNA投手陣から11点を奪ったが、肝心の投手陣が計6失点。6-2の六回、2番手で登板したドラ2新人の又吉が四球からピンチを招いて3失点と崩れ、九回にはルナ、堂上直に連続エラーが出た。

 谷繁監督は、広いナゴヤドームを本拠地にしていることもあり、守りの野球を掲げている。ただ、15試合を終えてチーム防御率はリーグ3位の4・06。この日は8四死球を与えた結果、計62与四死球はリーグワースト。ナゴヤでの成績も6勝4敗にとどまっている。四死球は試合の状況によって意味合いは変わるものの、又吉のように「無駄な失点」につながるケースは避けたいところだ。

 守り勝つ野球はまだ確立されているとはいえないが、早ければ来週から「飛ぶボール」は回収される。自軍の打撃力は低下しても、中日にとっては追い風になるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る