勝っても憮然 中日・谷繁兼任監督もイラつく“統一球問題”

公開日: 更新日:

「カブレラが勝って、ベンちゃんが1000打点を挙げて、平田が打った。単純にそんな試合でした」

 勝利監督インタビューを受ける谷繁兼任監督の表情はぶぜんとしていた。

 中日打線はDeNA投手陣から11点を奪ったが、肝心の投手陣が計6失点。6-2の六回、2番手で登板したドラ2新人の又吉が四球からピンチを招いて3失点と崩れ、九回にはルナ、堂上直に連続エラーが出た。

 谷繁監督は、広いナゴヤドームを本拠地にしていることもあり、守りの野球を掲げている。ただ、15試合を終えてチーム防御率はリーグ3位の4・06。この日は8四死球を与えた結果、計62与四死球はリーグワースト。ナゴヤでの成績も6勝4敗にとどまっている。四死球は試合の状況によって意味合いは変わるものの、又吉のように「無駄な失点」につながるケースは避けたいところだ。

 守り勝つ野球はまだ確立されているとはいえないが、早ければ来週から「飛ぶボール」は回収される。自軍の打撃力は低下しても、中日にとっては追い風になるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  6. 6

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  7. 7

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る