菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

右手首を曲げたまま腰を押し込む

公開日:  更新日:

左腕とシャフトは真っすぐ

 プロのインパクト写真を正面から見ると、左腕とシャフトは真っすぐになり、右腕とシャフトは「逆くの字形」になっている。アドレスでは左手を中に入れ、両腕とシャフトをY字形に構えているプロでも、インパクトでは左肩からクラブヘッドまでが真っすぐになるので、アドレス時の構えと違う。

 練習場に行ったらクラブヘッドをマットの角にでも固定して構えたら、インパクトをイメージし、グーッと腰を入れてシャフトがしなるぐらい強く押してみるとよい。そうすると左肩からクラブヘッドまでは真っすぐになり、右手首に角度ができるので右腕とシャフトは自分から見ると、くの字形になる。

 インパクトで左腕とシャフトが真っすぐになるのはダウンスイングで下半身をやや左に押し込むようにボールをとらえているからだ。手だけでクラブを振ってやろうとしないで、腰で押すような動きを入れながら腕を振り抜いていくわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る