菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

右手首を曲げたまま腰を押し込む

公開日: 更新日:

左腕とシャフトは真っすぐ

 プロのインパクト写真を正面から見ると、左腕とシャフトは真っすぐになり、右腕とシャフトは「逆くの字形」になっている。アドレスでは左手を中に入れ、両腕とシャフトをY字形に構えているプロでも、インパクトでは左肩からクラブヘッドまでが真っすぐになるので、アドレス時の構えと違う。

 練習場に行ったらクラブヘッドをマットの角にでも固定して構えたら、インパクトをイメージし、グーッと腰を入れてシャフトがしなるぐらい強く押してみるとよい。そうすると左肩からクラブヘッドまでは真っすぐになり、右手首に角度ができるので右腕とシャフトは自分から見ると、くの字形になる。

 インパクトで左腕とシャフトが真っすぐになるのはダウンスイングで下半身をやや左に押し込むようにボールをとらえているからだ。手だけでクラブを振ってやろうとしないで、腰で押すような動きを入れながら腕を振り抜いていくわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  5. 5

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  6. 6

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る