日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

右手首を曲げたまま腰を押し込む

左腕とシャフトは真っすぐ

 プロのインパクト写真を正面から見ると、左腕とシャフトは真っすぐになり、右腕とシャフトは「逆くの字形」になっている。アドレスでは左手を中に入れ、両腕とシャフトをY字形に構えているプロでも、インパクトでは左肩からクラブヘッドまでが真っすぐになるので、アドレス時の構えと違う。

 練習場に行ったらクラブヘッドをマットの角にでも固定して構えたら、インパクトをイメージし、グーッと腰を入れてシャフトがしなるぐらい強く押してみるとよい。そうすると左肩からクラブヘッドまでは真っすぐになり、右手首に角度ができるので右腕とシャフトは自分から見ると、くの字形になる。

 インパクトで左腕とシャフトが真っすぐになるのはダウンスイングで下半身をやや左に押し込むようにボールをとらえているからだ。手だけでクラブを振ってやろうとしないで、腰で押すような動きを入れながら腕を振り抜いていくわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事