菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

右手首を曲げたまま腰を押し込む

公開日: 更新日:

 しかしアベレージゴルファーはインパクトで右手首が伸び切ってしまって、左手首は左甲側に折れ、自分から見て逆くの字形になっている人が多い。手でボールに合わせるようにし、右手首でしゃくり上げるような打ち方をしているからだが、これではボールに力が加わらないので、遠くへ飛ばすことはできない。

 ボールを遠くへ投げるときは、右手首を曲げたまま、ひじから先に振り下ろしてきて、ボールを投げてから腕は伸びていく。スイングをするときも同じように右手首を曲げたまま右ひじを体の近くに振り下ろしてくる。それで腰を押し込んでやるようにして振り抜いていくと、左腕とシャフトは真っすぐになり、右手首を曲げたままボールをとらえることができる。

 そうしてフォロースルーでは右腕を伸ばして振り抜いていくわけだが、そのとき「右手首はインパクトの後も曲げたまま左肩に向けて右腕を伸ばしてやるとボールに力が伝わる」と金井清一プロに教わったことがある。
(日本ゴルフジャーナリスト協会顧問・菅野徳雄)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  4. 4

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る