日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

左わきは体にピッタリつける

「ワンピーススイング」という言葉がある。用語辞典には「バックスイングからフォロースルーまでクラブと体の動きが一体となったスイング」と出ている。

 しかし、上半身と下半身の動きには微妙な時間差がある。トップからダウンスイングに切り替わるときは下半身でリードするのだから、「上半身はトップの位置に置いておくつもりで下半身から動き出さなければならない」とよくいわれる。

 そういう意味では、全身が一体となって動いているわけではない。ワンピーススイングという言葉は、近代ゴルフの生みの親ともいうべきバイロン・ネルソンによって広く知られるようになったとされている。ネルソンは「ひざで上半身をリードする」ことによって近代ゴルフの扉を開いたといわれている。

 ただし「上体は両肩・両腕はバックスイングでもフォロースルーでも両手が体の中心からはずれないように、終始胸の正面に保っておかなければならない」と、これはプロは誰でも必ず言っていることだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事