菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

左わきは体にピッタリつける

公開日: 更新日:

■タオルをはさむドリル

 そのためには「両わきをあけないように」と昔からいわれているけれど、小さな体で飛ばすために独自の「右手打法」を編み出した戸田藤一郎プロは「左わきさえ締めておけば、いくら右手を使ってもかまわない」と言った。

「非力な日本人は右手を使わなかったら飛ばない。ただし左わきをあけておいて右手を使ったら球は曲がる。体にぴったりつけて構えた左わきはバックスイングでもフォロースルーでもあけないようにする。右ひじを体につけておこうとすると、グリップの位置が左に出ていくので左わきは逆にあいてしまう」

 そういって戸田は、プロに教えるときは、よく左わきにタオルを挟んでおいてフォロースルーでも落とさないように、パンチショットの練習をさせた。左手をしっかり持って左わきさえあけなかったら、両手を離したテンフィンガーグリップで右手を使っても曲がらず、距離が出ると教えた。
(日本ゴルフジャーナリスト協会顧問・菅野徳雄)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  2. 2

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  6. 6

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  7. 7

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  8. 8

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  9. 9

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  10. 10

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

もっと見る