ロッテ 交流戦の“切り札”になりそうな「初球男」加藤翔平

公開日: 更新日:

「昨日の勢いで初球から狙っていた」

 得意顔でこう語ったのはロッテ2年目の外野手・加藤翔平(23)。初回、ヤクルト石川の初球、真ん中にきた甘いチェンジアップを左翼席へ勝ち越し3ラン。前日は延長十回2死から劇的なサヨナラアーチ。連夜の一発でスタンドを大いに沸かせた。

 初球アーチといえば、思い出すのは入団1年目の昨年だ。故障した角中に代わって5月に一軍へ。楽天戦のプロ初打席の初球をホームラン。新人によるプロ初球本塁打は63年ぶりの珍事だった。

 すると7月、フレッシュオールスターでも左打席で初球を叩きホームラン。この試合は3安打2打点の活躍でMVPを獲得。賞金の100万円を加えてレクサスの4WD(約500万円)を購入。周囲には「この車に乗るなら活躍しないといけませんね」と漏らしていた。

 ロッテの外野は、岡田、角中、伊志嶺、清田、荻野と層が厚く、そこへ今年はDHだったサブローまで入ってきた。レギュラー取りは厳しいが、交流戦の開幕カードは加藤の一発で勝たせてもらったようなもの。ラッキーボーイは使い続けるのが正解ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  2. 2

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  3. 3

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  4. 4

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  5. 5

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  6. 6

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  7. 7

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  10. 10

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

もっと見る