連敗3でストップ ロッテ・サブローを発奮させた“火の粉”

公開日:  更新日:

 ベテランも目の色を変えざるを得なかったのだろう。

 ロッテのサブロー(37)が、7日のオリックス戦で気を吐いた。

 1点を追う五回2死一塁の第3打席。オリックス・比嘉から左中間へ同点の適時二塁打を放つと、七回2死三塁の第4打席は馬原から勝ち越しの左前適時打。ロッテはサブローのバットでオリックスに勝ち、連敗を「3」で止めた。

■精彩を欠く涌井

 プロ20年目のサブローはチームの若返りもあって、今季は主に指名打者や代打が中心。本人も、プレーでの貢献より、伊東監督の参謀役、将来の監督候補としてベンチをまとめる役割を買って出ていた。

 ところが、そんなベテランも悠長に構えてはいられない状況に陥った。自らがフロントにプッシュして獲得に至った涌井が開幕から精彩を欠いているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る