• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連敗3でストップ ロッテ・サブローを発奮させた“火の粉”

 ベテランも目の色を変えざるを得なかったのだろう。

 ロッテのサブロー(37)が、7日のオリックス戦で気を吐いた。

 1点を追う五回2死一塁の第3打席。オリックス・比嘉から左中間へ同点の適時二塁打を放つと、七回2死三塁の第4打席は馬原から勝ち越しの左前適時打。ロッテはサブローのバットでオリックスに勝ち、連敗を「3」で止めた。

■精彩を欠く涌井

 プロ20年目のサブローはチームの若返りもあって、今季は主に指名打者や代打が中心。本人も、プレーでの貢献より、伊東監督の参謀役、将来の監督候補としてベンチをまとめる役割を買って出ていた。

 ところが、そんなベテランも悠長に構えてはいられない状況に陥った。自らがフロントにプッシュして獲得に至った涌井が開幕から精彩を欠いているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る