連敗3でストップ ロッテ・サブローを発奮させた“火の粉”

公開日: 更新日:

 ベテランも目の色を変えざるを得なかったのだろう。

 ロッテのサブロー(37)が、7日のオリックス戦で気を吐いた。

 1点を追う五回2死一塁の第3打席。オリックス・比嘉から左中間へ同点の適時二塁打を放つと、七回2死三塁の第4打席は馬原から勝ち越しの左前適時打。ロッテはサブローのバットでオリックスに勝ち、連敗を「3」で止めた。

■精彩を欠く涌井

 プロ20年目のサブローはチームの若返りもあって、今季は主に指名打者や代打が中心。本人も、プレーでの貢献より、伊東監督の参謀役、将来の監督候補としてベンチをまとめる役割を買って出ていた。

 ところが、そんなベテランも悠長に構えてはいられない状況に陥った。自らがフロントにプッシュして獲得に至った涌井が開幕から精彩を欠いているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  4. 4

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  7. 7

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  8. 8

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  9. 9

    巨人二軍監督に就任後 まず岡本を7番から4番に固定した

  10. 10

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る