連敗3でストップ ロッテ・サブローを発奮させた“火の粉”

公開日:  更新日:

 ベテランも目の色を変えざるを得なかったのだろう。

 ロッテのサブロー(37)が、7日のオリックス戦で気を吐いた。

 1点を追う五回2死一塁の第3打席。オリックス・比嘉から左中間へ同点の適時二塁打を放つと、七回2死三塁の第4打席は馬原から勝ち越しの左前適時打。ロッテはサブローのバットでオリックスに勝ち、連敗を「3」で止めた。

■精彩を欠く涌井

 プロ20年目のサブローはチームの若返りもあって、今季は主に指名打者や代打が中心。本人も、プレーでの貢献より、伊東監督の参謀役、将来の監督候補としてベンチをまとめる役割を買って出ていた。

 ところが、そんなベテランも悠長に構えてはいられない状況に陥った。自らがフロントにプッシュして獲得に至った涌井が開幕から精彩を欠いているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

もっと見る