マー君も仰天…この先待ち受けるメジャーの“規格外”打者

公開日:  更新日:

 ヤンキースの田中将大(25)が、両リーグトップタイの10勝目を挙げた11日のマリナーズ戦でのこと。完封目前の九回1死一塁からカノにライナーで左中間スタンドに放り込まれ、「あの打球で、あの低さで、左に打てる人は限られてる。あまり経験がない」と、試合後の本人は驚きを隠さなかった。

 日本時間13日現在、勝利数(10)と防御率(2.02)はア・リーグトップ。圧倒的な数字を残しているものの、メジャーには規格外の打者がまだまだいる。

 初対戦だったカノは昨年までヤンキースで中軸を打った目下ア・リーグの首位打者。一昨年の三冠王であるミゲル・カブレラ(タイガース)や、3年連続30本塁打をマークしているベルトレ(レンジャーズ)とはまだ対戦していない。

 田中がカノの打球に仰天したのは、いいコースにいいボールを投げているのに、とんでもない打球をスタンドに飛ばされたから。カブレラやベルトレにしてもカノ同様、ケタ外れの技とパワーを備えた打者だ。失投ではない球をスタンドにもっていけるのがメジャーでもトップクラスの選手だけに、彼らをどう抑えるかが今後、勝ち星を増やす上で大きなポイントになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る