日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マー君も仰天…この先待ち受けるメジャーの“規格外”打者

 ヤンキースの田中将大(25)が、両リーグトップタイの10勝目を挙げた11日のマリナーズ戦でのこと。完封目前の九回1死一塁からカノにライナーで左中間スタンドに放り込まれ、「あの打球で、あの低さで、左に打てる人は限られてる。あまり経験がない」と、試合後の本人は驚きを隠さなかった。

 日本時間13日現在、勝利数(10)と防御率(2.02)はア・リーグトップ。圧倒的な数字を残しているものの、メジャーには規格外の打者がまだまだいる。

 初対戦だったカノは昨年までヤンキースで中軸を打った目下ア・リーグの首位打者。一昨年の三冠王であるミゲル・カブレラ(タイガース)や、3年連続30本塁打をマークしているベルトレ(レンジャーズ)とはまだ対戦していない。

 田中がカノの打球に仰天したのは、いいコースにいいボールを投げているのに、とんでもない打球をスタンドに飛ばされたから。カブレラやベルトレにしてもカノ同様、ケタ外れの技とパワーを備えた打者だ。失投ではない球をスタンドにもっていけるのがメジャーでもトップクラスの選手だけに、彼らをどう抑えるかが今後、勝ち星を増やす上で大きなポイントになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事