マー君も仰天…この先待ち受けるメジャーの“規格外”打者

公開日:  更新日:

 ヤンキースの田中将大(25)が、両リーグトップタイの10勝目を挙げた11日のマリナーズ戦でのこと。完封目前の九回1死一塁からカノにライナーで左中間スタンドに放り込まれ、「あの打球で、あの低さで、左に打てる人は限られてる。あまり経験がない」と、試合後の本人は驚きを隠さなかった。

 日本時間13日現在、勝利数(10)と防御率(2.02)はア・リーグトップ。圧倒的な数字を残しているものの、メジャーには規格外の打者がまだまだいる。

 初対戦だったカノは昨年までヤンキースで中軸を打った目下ア・リーグの首位打者。一昨年の三冠王であるミゲル・カブレラ(タイガース)や、3年連続30本塁打をマークしているベルトレ(レンジャーズ)とはまだ対戦していない。

 田中がカノの打球に仰天したのは、いいコースにいいボールを投げているのに、とんでもない打球をスタンドに飛ばされたから。カブレラやベルトレにしてもカノ同様、ケタ外れの技とパワーを備えた打者だ。失投ではない球をスタンドにもっていけるのがメジャーでもトップクラスの選手だけに、彼らをどう抑えるかが今後、勝ち星を増やす上で大きなポイントになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る