マー君が7勝目 解説者も舌巻く「スプリット」と「修正力」

公開日:  更新日:

6回3分の2を5安打1失点

 ルーキー右腕が仕切り直しの白星をマークした。ヤンキース・田中将大(25)が25日(日本時間26日)のホワイトソックス戦に登板。6回3分の2を5安打1失点、6三振、3四死球で7勝目(1敗)を挙げた。

 メジャー初黒星を喫した前回(20日)のカブス戦後に「次の試合が大事」と話していた通り、立ち上がりから落ち着いた投球を披露。追い込んでからキレのある変化球で、チーム総得点(246=前日終了時)がリーグトップのホワイトソックス打線につけ入る隙を与えない。六回に味方の拙守にも足を引っ張られて1点を失ったとはいえ、危なげない投球で初黒星の悪夢を拭い去った。

 とはいえ、この日の田中は丁寧に行き過ぎたのだろう。低めや外角ギリギリの際どいコースはすべてボールと判定されて、カウントを悪くするケースが目立った。打者26人に対し、ボールが先行したのは10人。六回にはリードオフマンのイートンにカウント3-0としながらも、直球で追い込み、最後はスプリットで空振り三振に仕留めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る