マー君が7勝目 解説者も舌巻く「スプリット」と「修正力」

公開日: 更新日:

6回3分の2を5安打1失点

 ルーキー右腕が仕切り直しの白星をマークした。ヤンキース・田中将大(25)が25日(日本時間26日)のホワイトソックス戦に登板。6回3分の2を5安打1失点、6三振、3四死球で7勝目(1敗)を挙げた。

 メジャー初黒星を喫した前回(20日)のカブス戦後に「次の試合が大事」と話していた通り、立ち上がりから落ち着いた投球を披露。追い込んでからキレのある変化球で、チーム総得点(246=前日終了時)がリーグトップのホワイトソックス打線につけ入る隙を与えない。六回に味方の拙守にも足を引っ張られて1点を失ったとはいえ、危なげない投球で初黒星の悪夢を拭い去った。

 とはいえ、この日の田中は丁寧に行き過ぎたのだろう。低めや外角ギリギリの際どいコースはすべてボールと判定されて、カウントを悪くするケースが目立った。打者26人に対し、ボールが先行したのは10人。六回にはリードオフマンのイートンにカウント3-0としながらも、直球で追い込み、最後はスプリットで空振り三振に仕留めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  2. 2

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  3. 3

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  4. 4

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  5. 5

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  6. 6

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  7. 7

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  8. 8

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

  9. 9

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  10. 10

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る