防御率リーグ首位でも…マー君は女房の尻に敷かれている

公開日:  更新日:

 5月31日(日本時間6月1日)のツインズ戦で8勝目(1敗)を挙げたヤンキースの田中将大(25)が、相も変わらず正捕手・マッキャンのリードと格闘している。

 この日最大のヤマ場は三回。無死二、三塁のピンチから空振り三振と二飛で2死を取り、打席には5番アレシア。スプリットを2球続けて追い込むと、マッキャンのサインにクビを振って外角低めギリギリに153キロのストレート。3球勝負で見逃し三振に仕留め、窮地を脱した。

「タナカは球種が豊富で制球が良い。なのでマッキャンは変化球中心のリードをしたい。速球系のボールにしてもカッターかツーシームで動かしたがるのですが、タナカは違うことを考えている様子なのです」とニューヨーク紙のヤンキース担当記者がこう続ける。

「タナカはおそらく、ストレートの比率を増やしたいのでしょう。マッキャンとはこれまで何度も配球に関して話し合っている。お互いの意見をぶつけ合えればいいのだけれど、どうやらタナカの方が遠慮をしているようなのです。投手王国だったブレーブスで長年正捕手を務めてきたマッキャンのプライドを尊重しているのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る