防御率リーグ首位でも…マー君は女房の尻に敷かれている

公開日: 更新日:

 5月31日(日本時間6月1日)のツインズ戦で8勝目(1敗)を挙げたヤンキースの田中将大(25)が、相も変わらず正捕手・マッキャンのリードと格闘している。

 この日最大のヤマ場は三回。無死二、三塁のピンチから空振り三振と二飛で2死を取り、打席には5番アレシア。スプリットを2球続けて追い込むと、マッキャンのサインにクビを振って外角低めギリギリに153キロのストレート。3球勝負で見逃し三振に仕留め、窮地を脱した。

「タナカは球種が豊富で制球が良い。なのでマッキャンは変化球中心のリードをしたい。速球系のボールにしてもカッターかツーシームで動かしたがるのですが、タナカは違うことを考えている様子なのです」とニューヨーク紙のヤンキース担当記者がこう続ける。

「タナカはおそらく、ストレートの比率を増やしたいのでしょう。マッキャンとはこれまで何度も配球に関して話し合っている。お互いの意見をぶつけ合えればいいのだけれど、どうやらタナカの方が遠慮をしているようなのです。投手王国だったブレーブスで長年正捕手を務めてきたマッキャンのプライドを尊重しているのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  6. 6

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る