10勝目あげたマー君に「英語が上達」の評判 会話の中身は?

公開日:  更新日:

 11日(日本時間12日)のマリナーズ戦に先発し、完投で10勝目をあげたヤンキース・田中将大(25)。防御率2.02でア・リーグ1位の座をキープ。メジャーでただ1人継続する開幕からのクォリティースタート(6回以上3自責以下)も「13」に伸ばすなど絶好調だが、ピッチングとともに評判なのが、課題の英語だ。球場内の食堂やロッカールームでは、「英語力がかなりアップした」ともっぱらなのだ。

 もちろん、正捕手マッキャンとは配球に関して話し合いを重ねているし、ナインと盛んにコミュニケーションを取っているのは事実。ところが、会話の中身はどうやら、野球以外のことが圧倒的に多いらしい。

■日本のアイドルについて質問攻めに

 ヤンキースタジアムで田中が登板する前や、キャンプから打撃練習の最中に流れるのは、お気に入りのアイドルの曲。田中の周辺には、アイドルに関する雑誌やグッズがあふれかえっている。米国にはそもそも日本のようなアイドル文化はないし、ヤンキースナインも田中が夢中になっている女性グループはいったい何者なのかと、キャンプ中からクビをひねっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る