• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

10勝目あげたマー君に「英語が上達」の評判 会話の中身は?

 11日(日本時間12日)のマリナーズ戦に先発し、完投で10勝目をあげたヤンキース・田中将大(25)。防御率2.02でア・リーグ1位の座をキープ。メジャーでただ1人継続する開幕からのクォリティースタート(6回以上3自責以下)も「13」に伸ばすなど絶好調だが、ピッチングとともに評判なのが、課題の英語だ。球場内の食堂やロッカールームでは、「英語力がかなりアップした」ともっぱらなのだ。

 もちろん、正捕手マッキャンとは配球に関して話し合いを重ねているし、ナインと盛んにコミュニケーションを取っているのは事実。ところが、会話の中身はどうやら、野球以外のことが圧倒的に多いらしい。

■日本のアイドルについて質問攻めに

 ヤンキースタジアムで田中が登板する前や、キャンプから打撃練習の最中に流れるのは、お気に入りのアイドルの曲。田中の周辺には、アイドルに関する雑誌やグッズがあふれかえっている。米国にはそもそも日本のようなアイドル文化はないし、ヤンキースナインも田中が夢中になっている女性グループはいったい何者なのかと、キャンプ中からクビをひねっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る