<プレビュー>ブラジルW杯 6月18日の見どころ

公開日: 更新日:

■H組 ベルギーvs.アルジェリア (午前1時・NHK総合)

「ベルギーが生んだ最高傑作」といわれるFWアザール(23)。14歳でフランスへ渡り、16歳でリーグアン・デビュー。08年から史上初の2年連続最優秀若手選手賞、10年から2年連続リーグMVP。切れ味鋭いドリブルから多彩なシュートを放つ天才アタッカーが、堅守のアルジェリアをどう切り崩すか。

■A組 ブラジルvs.メキシコ (午前4時・NHK総合)

 両チームの過去の対戦成績はブラジルの22勝10敗6分け。ところが、ともに初優勝を狙ったロンドン五輪決勝ではメキシコ代表が2―1でブラジルに勝利。金メダルを逃した当時のメネゼス監督は、「2年後に地元で開催されるW杯で優勝することが目標」と負け惜しみのコメント。注目の因縁カードだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  6. 6

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

  7. 7

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  10. 10

    100歳まで生きる時代 老後資金は3つのステージで準備する

もっと見る