セレソン陰の功労者ルイス・グスタボ “いぶし銀” の存在感

公開日: 更新日:

 今大会前、ブラジル代表で鍵となるのは「ボランチの選手だ」とジュニーニョ・パウリスタから教えられた。ジュニーニョは、02年W杯優勝メンバーである。監督は今大会と同じルイス・フェリペ・スコラーリだった。

「02年代表のエジミウソンは守備的MFだが、3人目のセンターバックでもあった。いわば“偽”センターバックだ。今回の代表でその役割をこなすのがMFルイス・グスタボ(26)だ」

 開幕戦となったブラジル―クロアチア戦。ジュニーニョの言葉通り、ルイス・グスタボは中盤の底で相手の攻撃の芽を摘み、時に最終ラインに入ってボールをかき出した。試合を決めたのは、FWネイマールだったかもしれないが、ルイス・グスタボは陰の功労者だった。

■不用意な失点の怖さを熟知するからこその起用

 ブラジル人が一般的に好むのは、ネイマール、かつてのロナウジーニョのようにファンタジーのある選手である。堅実ではあるが、派手さのないルイス・グスタボは人気のある選手ではない。ジーコやソクラテスがいた82年大会のような攻撃的な選手を好む監督ならば、代表入りはなかったかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る