セレソン陰の功労者ルイス・グスタボ “いぶし銀” の存在感

公開日: 更新日:

 今大会前、ブラジル代表で鍵となるのは「ボランチの選手だ」とジュニーニョ・パウリスタから教えられた。ジュニーニョは、02年W杯優勝メンバーである。監督は今大会と同じルイス・フェリペ・スコラーリだった。

「02年代表のエジミウソンは守備的MFだが、3人目のセンターバックでもあった。いわば“偽”センターバックだ。今回の代表でその役割をこなすのがMFルイス・グスタボ(26)だ」

 開幕戦となったブラジル―クロアチア戦。ジュニーニョの言葉通り、ルイス・グスタボは中盤の底で相手の攻撃の芽を摘み、時に最終ラインに入ってボールをかき出した。試合を決めたのは、FWネイマールだったかもしれないが、ルイス・グスタボは陰の功労者だった。

■不用意な失点の怖さを熟知するからこその起用

 ブラジル人が一般的に好むのは、ネイマール、かつてのロナウジーニョのようにファンタジーのある選手である。堅実ではあるが、派手さのないルイス・グスタボは人気のある選手ではない。ジーコやソクラテスがいた82年大会のような攻撃的な選手を好む監督ならば、代表入りはなかったかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  5. 5

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  6. 6

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る