日本が参考にしたいメキシコの冴えるパスワークと冷静な守備

公開日:  更新日:

 ブラジルとの対戦を控える両チームにとって、決勝トーナメント進出には負けられない一戦だった。攻勢に出たのは、12年ロンドン五輪金メダルメンバーを前線に揃えるメキシコ。一方のカメルーンは、FWエトーをトップに残し、守りを固めて速攻を狙っていく。

 先制点はメキシコ。後半16分、中盤右サイドからパスをつなぎ、エレラのスルーパスをペナルティーエリア手前で受けたドスサントスが中央で右足のシュートを放つ。いったんはカメルーンGKに阻まれるも、こぼれ球をペラルタが押し込んだ。

「メキシコの先制点は、ワンタッチでテンポ良くエリア前にボールを運び、流れの中で決めた理想的なゴールでした。かねて日本代表は、メキシコ代表をお手本にするべきといわれてきたが、小気味よいパスワークや両サイドMFがワイドに張ってピッチを広く使う攻めは、やはりとても参考になります」(元ドイツ1部ビーレフェルト・ヘッドコーチ鈴木良平氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る