日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本が参考にしたいメキシコの冴えるパスワークと冷静な守備

 ブラジルとの対戦を控える両チームにとって、決勝トーナメント進出には負けられない一戦だった。攻勢に出たのは、12年ロンドン五輪金メダルメンバーを前線に揃えるメキシコ。一方のカメルーンは、FWエトーをトップに残し、守りを固めて速攻を狙っていく。

 先制点はメキシコ。後半16分、中盤右サイドからパスをつなぎ、エレラのスルーパスをペナルティーエリア手前で受けたドスサントスが中央で右足のシュートを放つ。いったんはカメルーンGKに阻まれるも、こぼれ球をペラルタが押し込んだ。

「メキシコの先制点は、ワンタッチでテンポ良くエリア前にボールを運び、流れの中で決めた理想的なゴールでした。かねて日本代表は、メキシコ代表をお手本にするべきといわれてきたが、小気味よいパスワークや両サイドMFがワイドに張ってピッチを広く使う攻めは、やはりとても参考になります」(元ドイツ1部ビーレフェルト・ヘッドコーチ鈴木良平氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事