コートジ戦はまるで別のチーム ギリシャが初の決勝T進出

公開日:  更新日:

 試合前までC組の最下位、勝ち点1、得失点差マイナス3と日本より下だったギリシャが、まさかのW杯初の決勝トーナメント進出を決めた。

 守って守ってカウンター狙いのチームが、この日のコートジボワール戦は序盤から果敢に相手陣内に攻め込む。ひょっとして別の国じゃないかと思うほど、積極的に相手ゴールに襲い掛かった。

 前半終了間際の42分。MFサマリスがFWサマラスからのパスをインサイドでゴール。後半に入って後がなくなったコートジボワールの反撃で同点に追い付かれるも、ロスタイム48分、サマラスがペナルティーエリア内で倒されて得たPKを自分で決めて振り切った。

 この日は勝利が絶対条件。基本的に日本と同じ状況からの決勝T進出は、FIFAランク12位の底力があればこそだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  9. 9

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る