攻撃的サッカーは勝てず…イタリアが「死のグループ」で敗退

公開日:  更新日:

 イングランドとともに「死のグループ」の敗者となったのは、首位突破の本命どころか、優勝候補とまでいわれたイタリアだった。スペインを含め、これでワールドカップ優勝経験国がグループリーグで3カ国も消えた。

 EURO12は準優勝、コンフェデ杯で3位と結果を出してきたプランデッリ監督は、「ブラジルW杯でもリスクを取って攻める」と断言していたが、完封負けのコスタリカ戦に続き、この試合も攻撃陣が不発。後半は大黒柱FWバロテッリをベンチに下げ、伝統の“カテナチオ”でドロー狙いに切り替えたものの、ウルグアイのセットプレー1発に沈んだ。

 攻撃的なイタリアの敗退は、ザックジャパンの失敗とも符合する。試合会場はマナウス、レシフェ、ナタウと、どこも高温多湿。涼しいキャンプ地マンガラチバからの移動距離も32カ国中3番目に長い1万3700キロ(日本は1万1500キロで4番目)と、酷な条件ばかりが揃っていた。今大会、「攻めて勝つ」サッカーは、完全な見立て違いのようだ。

 契約が2016年まで残っていたプランデッリ監督とイタリアサッカー連盟のアベーテ会長が試合後、辞任の意向を表明した。
 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る