攻撃的サッカーは勝てず…イタリアが「死のグループ」で敗退

公開日: 更新日:

 イングランドとともに「死のグループ」の敗者となったのは、首位突破の本命どころか、優勝候補とまでいわれたイタリアだった。スペインを含め、これでワールドカップ優勝経験国がグループリーグで3カ国も消えた。

 EURO12は準優勝、コンフェデ杯で3位と結果を出してきたプランデッリ監督は、「ブラジルW杯でもリスクを取って攻める」と断言していたが、完封負けのコスタリカ戦に続き、この試合も攻撃陣が不発。後半は大黒柱FWバロテッリをベンチに下げ、伝統の“カテナチオ”でドロー狙いに切り替えたものの、ウルグアイのセットプレー1発に沈んだ。

 攻撃的なイタリアの敗退は、ザックジャパンの失敗とも符合する。試合会場はマナウス、レシフェ、ナタウと、どこも高温多湿。涼しいキャンプ地マンガラチバからの移動距離も32カ国中3番目に長い1万3700キロ(日本は1万1500キロで4番目)と、酷な条件ばかりが揃っていた。今大会、「攻めて勝つ」サッカーは、完全な見立て違いのようだ。

 契約が2016年まで残っていたプランデッリ監督とイタリアサッカー連盟のアベーテ会長が試合後、辞任の意向を表明した。
 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る