2試合で限界明らか…初W杯の“重圧”に屈したザック監督

公開日:  更新日:

 ブラジルで日本代表が崖っぷちに立たされた。 いや、崖っぷちから体半分が宙に浮き、もはや滑り落ちる寸前である。 

 グループC組で初戦のコートジボワール戦を落とした日本は、2戦目のギリシャ戦も決め手を欠いてスコアレスドロー決着。完全に出遅れた。日本時間25日午前5時キックオフのコロンビア戦に勝利することが、GL突破の絶対条件となった。W杯本大会前、日本代表のザッケローニ監督は「3点取られても4点取り返す」「攻撃サッカーを貫いて結果を残してみせる」と言い切った。それが横パスとサイドからのクロス攻撃に終始。すべてが絵空事に終った。

 点取り屋と言われる香川真司、岡崎慎司はシュートを1本も打てず、強豪国の選手たちが見せるテクニック、スピード、突破力、決定力、フィジカルコンタクト、ボディーバランスのどれをとっても日本人選手とは比べモノにならない。彼らからはゴールを目指す執念が、テレビからも伝わってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る