2試合で限界明らか…初W杯の“重圧”に屈したザック監督

公開日:  更新日:

 ブラジルで日本代表が崖っぷちに立たされた。 いや、崖っぷちから体半分が宙に浮き、もはや滑り落ちる寸前である。 

 グループC組で初戦のコートジボワール戦を落とした日本は、2戦目のギリシャ戦も決め手を欠いてスコアレスドロー決着。完全に出遅れた。日本時間25日午前5時キックオフのコロンビア戦に勝利することが、GL突破の絶対条件となった。W杯本大会前、日本代表のザッケローニ監督は「3点取られても4点取り返す」「攻撃サッカーを貫いて結果を残してみせる」と言い切った。それが横パスとサイドからのクロス攻撃に終始。すべてが絵空事に終った。

 点取り屋と言われる香川真司、岡崎慎司はシュートを1本も打てず、強豪国の選手たちが見せるテクニック、スピード、突破力、決定力、フィジカルコンタクト、ボディーバランスのどれをとっても日本人選手とは比べモノにならない。彼らからはゴールを目指す執念が、テレビからも伝わってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る