2試合で限界明らか…初W杯の“重圧”に屈したザック監督

公開日: 更新日:

 ブラジルで日本代表が崖っぷちに立たされた。 いや、崖っぷちから体半分が宙に浮き、もはや滑り落ちる寸前である。 

 グループC組で初戦のコートジボワール戦を落とした日本は、2戦目のギリシャ戦も決め手を欠いてスコアレスドロー決着。完全に出遅れた。日本時間25日午前5時キックオフのコロンビア戦に勝利することが、GL突破の絶対条件となった。W杯本大会前、日本代表のザッケローニ監督は「3点取られても4点取り返す」「攻撃サッカーを貫いて結果を残してみせる」と言い切った。それが横パスとサイドからのクロス攻撃に終始。すべてが絵空事に終った。

 点取り屋と言われる香川真司岡崎慎司はシュートを1本も打てず、強豪国の選手たちが見せるテクニック、スピード、突破力、決定力、フィジカルコンタクト、ボディーバランスのどれをとっても日本人選手とは比べモノにならない。彼らからはゴールを目指す執念が、テレビからも伝わってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  8. 7

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    チャンミン結婚へ 東方神起とJYJにみる韓国芸能界の光と影

  11. 10

    横山やすしは謹慎中も絶好調!朝からずっと酒を飲み続けた

もっと見る