• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

すでに動きだしているザック後任探し 有力候補はこの3人

 W杯本大会前から、ザッケローニ監督(61)の退任は既定路線だった。

 穏やかな性格で義理堅く、日本生活にも完璧に馴染んでいる。ザック本人は「代表監督を続けたい」と話していたようだが、マンネリ化を避けるために代表監督の任期は「W杯開催年に合わせて最長で4年」がサッカー界の習わし。代表監督選任の権限を持っている日本サッカー協会技術委員会・強化担当の原博実委員長が、後任候補をリストアップ済みである。

「原委員長はスペインのスペクタクルな攻撃サッカーの信奉者。FC東京の監督時代から何度もスペインを訪れ、それなりの人脈もある。4年前もスペイン人監督、スペインリーグで指揮を執った監督たちと折衝を重ねたが、条件面などが折り合わなくて断念したという経緯がある」(サッカー専門誌『フットボールライフ・ゼロ』編集長の中山淳氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事