コロンビアがGK交代 日本は06年ブラジル戦の“屈辱”再び

公開日: 更新日:

 やはり「奇跡」は起こらなかった。日本代表は、25日午前5時(日本時間)に始まったC組1次リーグ最終戦のコロンビア戦に1-4で惨敗。本田圭佑(28)が「優勝する」と宣言した日本代表は今大会、2敗1分、勝ち点1。C組最下位でW杯を終えた。

 日本代表は、コロンビア戦の勝利が最低条件だった。約4万3000人収容のクイアバ、パンタナール競技場は黄色一色のアウエー状態。コロンビアは主力を8人温存。2軍チームである。日本はボランチにMF青山敏弘(28)がW杯初出場・初先発した。

「W杯本大会前の強化試合ザンビア戦のロスタイムに青山の縦パス一本でFW大久保が決勝ゴールを決めた。そのイメージとともにザッケローニ監督の積極的に攻撃に打って出るというメッセージが伝わってきた」(ドイツサッカー協会公認S級指導者・鈴木良平氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る