コロンビアがGK交代 日本は06年ブラジル戦の“屈辱”再び

公開日:  更新日:

 やはり「奇跡」は起こらなかった。日本代表は、25日午前5時(日本時間)に始まったC組1次リーグ最終戦のコロンビア戦に1-4で惨敗。本田圭佑(28)が「優勝する」と宣言した日本代表は今大会、2敗1分、勝ち点1。C組最下位でW杯を終えた。

 日本代表は、コロンビア戦の勝利が最低条件だった。約4万3000人収容のクイアバ、パンタナール競技場は黄色一色のアウエー状態。コロンビアは主力を8人温存。2軍チームである。日本はボランチにMF青山敏弘(28)がW杯初出場・初先発した。

「W杯本大会前の強化試合ザンビア戦のロスタイムに青山の縦パス一本でFW大久保が決勝ゴールを決めた。そのイメージとともにザッケローニ監督の積極的に攻撃に打って出るというメッセージが伝わってきた」(ドイツサッカー協会公認S級指導者・鈴木良平氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る