マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

パター全体を動かすイメージを持つとカップインの確率が高まる

公開日:  更新日:

 先週の国内男子ツアー、長嶋茂雄インビテーショナル・セガサミーカップではプレーオフで石川遼が、小田孔明を下して約1年8カ月ぶりにツアー優勝。石川選手はこれでツアー通算11勝となり、賞金ランキングも小田選手に次ぐ2位に浮上した。

 この大会、ボクはテレビ観戦していたが、勝負の決め手になったのはパッティング。石川選手は勝負どころのパットを確実に決め、プレーオフでも相手のミスではなく、自らバーディーパットをカップに沈めて劇的な逆転勝利を手にしている。

 そして改めて感じたのが、パット巧者には共通点があること。石川選手もそうだが、2~3メートルの入れ頃のパットを打つ時、インパクトでグリップが緩まない。インパクトゾーンでは手元の動きがなんともスムーズ。高速グリーンでもインパクトがまったく緩まず、ボールをしっかりヒットしているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る