マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

パター全体を動かすイメージを持つとカップインの確率が高まる

公開日: 更新日:

 先週の国内男子ツアー、長嶋茂雄インビテーショナル・セガサミーカップではプレーオフで石川遼が、小田孔明を下して約1年8カ月ぶりにツアー優勝。石川選手はこれでツアー通算11勝となり、賞金ランキングも小田選手に次ぐ2位に浮上した。

 この大会、ボクはテレビ観戦していたが、勝負の決め手になったのはパッティング。石川選手は勝負どころのパットを確実に決め、プレーオフでも相手のミスではなく、自らバーディーパットをカップに沈めて劇的な逆転勝利を手にしている。

 そして改めて感じたのが、パット巧者には共通点があること。石川選手もそうだが、2~3メートルの入れ頃のパットを打つ時、インパクトでグリップが緩まない。インパクトゾーンでは手元の動きがなんともスムーズ。高速グリーンでもインパクトがまったく緩まず、ボールをしっかりヒットしているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る