斎藤佑プロ入り最短タイKO…マー君とどこで差がついた?

公開日:  更新日:

 あの夏の日の出来事が嘘のようだ。10日の楽天戦で今季2試合目の先発となった日本ハムの斎藤佑樹(25)。9日の練習後は「コンディションは最高。五回以内にマウンドを降りるのは許されない」と話していたものの、初回先頭から2者続けて四球。連打でいきなり2点を失った。

 二回にも2四球を出した時点で投手交代。斎藤はそれに気付かずにロジンを手につけていたところ、マウンドに向かってくる厚沢投手コーチの姿を見て、「?」。何が何だかわからぬままマウンドを降りた。

 プロ入り最短タイKOとなる1回3分の1、2安打4四球3失点。3月29日のオリックス戦も6回4失点で黒星。周囲の目は厳しくなるばかりだ。

 斎藤のピークは06年夏の甲子園だった。決勝戦で駒大苫小牧のエース田中(現ヤンキース)と投げ合い、延長十五回を戦っても決着がつかず翌日に再試合。斎藤は2試合を1人で投げぬき、早稲田実業に初の夏Vをもたらした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  9. 9

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る