日ハム大谷の「来季年俸」 ダルの例から試算した驚きの結果

公開日:  更新日:

 球宴で162キロをマーク。登板の谷間に代打で出場した22日のオリックス戦は、左中間を破る2点二塁打。投打で大活躍する日本ハム・大谷翔平(20)の今季年俸はそれでも3000万円。

 ファンの間からは「いくらなんでも安過ぎるだろう。いますぐ給料を上げてやれ!」なんて声も聞こえてくる。大谷の来季年俸はいくらくらいになりそうか。

 日本ハムの年俸は試合ごとの査定ポイント、選手の能力や実力を数値化したBOS(ベースボールオペレーションシステム)の値、その他、マスコミへの露出度、社会貢献度など、数値にしにくい部分も考慮され、はじき出される。

 加えて大谷は二刀流選手だ。メーンの投手としての査定以外に、野手としてのポイントも加味される。

 まず投手としての査定はダルビッシュ(現レンジャーズ)がモデルケースになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る