夏に勝てない巨人・菅野 狙われるのは“生命線”の曲がり球

公開日: 更新日:

 巨人菅野智之(24)がおかしい。1日の広島戦で6安打2失点。すでに113球を投げていたため、同点の6回で降板した。制球がいい菅野にしては珍しく3四死球。ファウルで粘られる場面も目立った。

 現在9勝(5敗)のエース格が早々と降板すれば、しわ寄せはリリーフ陣にくる。試合は延長十二回、今季初の引き分けに終わったが、マシソンが2回、山口、西村の勝ち試合の救援投手3人が、いずれも回をまたいでの登板を強いられた。

 原監督は「菊池と丸の上位打線に打たれた? まあ、しかし(失点は)2点だからね。2点を責めるというのは、オレはよく分からないね」と菅野をかばったものの、広島先発の前田は9回を投げて後続にバトンを渡した。その差は歴然だ。

 菅野は自ら「苦手」と語る夏場に今年も苦しんでいる。昨年8月の月間防御率は5・16。前回登板の25日の中日戦は五回途中までに自己ワーストの8失点を喫した。3ランを2発食らった内訳は、森野にカットボール、和田にスライダーを痛打されたものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る