• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夏に勝てない巨人・菅野 狙われるのは“生命線”の曲がり球

 巨人の菅野智之(24)がおかしい。1日の広島戦で6安打2失点。すでに113球を投げていたため、同点の6回で降板した。制球がいい菅野にしては珍しく3四死球。ファウルで粘られる場面も目立った。

 現在9勝(5敗)のエース格が早々と降板すれば、しわ寄せはリリーフ陣にくる。試合は延長十二回、今季初の引き分けに終わったが、マシソンが2回、山口、西村の勝ち試合の救援投手3人が、いずれも回をまたいでの登板を強いられた。

 原監督は「菊池と丸の上位打線に打たれた? まあ、しかし(失点は)2点だからね。2点を責めるというのは、オレはよく分からないね」と菅野をかばったものの、広島先発の前田は9回を投げて後続にバトンを渡した。その差は歴然だ。

 菅野は自ら「苦手」と語る夏場に今年も苦しんでいる。昨年8月の月間防御率は5・16。前回登板の25日の中日戦は五回途中までに自己ワーストの8失点を喫した。3ランを2発食らった内訳は、森野にカットボール、和田にスライダーを痛打されたものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る