日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夏に勝てない巨人・菅野 狙われるのは“生命線”の曲がり球

 巨人の菅野智之(24)がおかしい。1日の広島戦で6安打2失点。すでに113球を投げていたため、同点の6回で降板した。制球がいい菅野にしては珍しく3四死球。ファウルで粘られる場面も目立った。

 現在9勝(5敗)のエース格が早々と降板すれば、しわ寄せはリリーフ陣にくる。試合は延長十二回、今季初の引き分けに終わったが、マシソンが2回、山口、西村の勝ち試合の救援投手3人が、いずれも回をまたいでの登板を強いられた。

 原監督は「菊池と丸の上位打線に打たれた? まあ、しかし(失点は)2点だからね。2点を責めるというのは、オレはよく分からないね」と菅野をかばったものの、広島先発の前田は9回を投げて後続にバトンを渡した。その差は歴然だ。

 菅野は自ら「苦手」と語る夏場に今年も苦しんでいる。昨年8月の月間防御率は5・16。前回登板の25日の中日戦は五回途中までに自己ワーストの8失点を喫した。3ランを2発食らった内訳は、森野にカットボール、和田にスライダーを痛打されたものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事