• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人・菅野が8勝目…加速する原監督の「200回エース計画」

 発熱の影響で12日の先発を回避した巨人の菅野智之(24)が14日の楽天戦に先発。7回3分の1を投げ、3安打無失点の好投で約1カ月ぶりに白星を挙げた。巨人は3-1で楽天を破り、5連勝だ。

 キャンプ中に背中を痛め、万全ではない中、菅野は8勝(2敗)でハーラー単独トップに躍り出たが、菅野がこだわる数字は別にある。投球回数だ。14日現在で96回はリーグでも突出している。

 菅野は新人時代の昨季から「200回」という目標を「唯一こだわる数字」としている。昨季の前半戦終盤、「今のペースだと200回に届かない。少しでも近づけるように後半戦は多く投げたいんです」と話していたが、結局176回に終わった。現在62試合だから、今季は十分に届くペースだ。

 昨季セ・リーグで到達した投手はゼロ。パではオリックスの金子と楽天の田中(ヤンキース)の2人だけがクリアした。「200回」はエースどころか、スーパーエースの証しになることを菅野は知っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る