6失点KO…巨人・菅野が「屋外球場」にめっぽう弱い理由

公開日:  更新日:

 データ通りの結果になった。

 昨1日の首位攻防戦。巨人のエース・菅野智之(24)が炎上した。五回までに5点の援護をもらいながら、被安打10の6失点。2本塁打を浴び、七回途中でKOされた菅野は「リズムをつくれず悔しい投球」と言葉を絞り出したが、試合前からイヤな感じはあった。

 ここまでセ最多タイの8勝(3敗)を挙げている菅野は、東京とナゴヤのドーム球場で計6勝。逆に3敗のうち2敗が甲子園、QVCと屋外球場で喫したもので、“内弁慶”を懸念する声があったのだ。

「菅野は重度の花粉症。春先の屋外球場は、本人も『つらい』と言っています。くしゃみが止まらず、投球に集中できない試合もあるほど。7月に入ってもう花粉症は治まりましたが、今度は『暑さ』という大敵との戦いが始まります」

 とは、チーム関係者。実際、「夏は苦手」と言う新人時代の昨季も8月、9月に4勝4敗と失速した。今季は、キャンプから量を増やした走り込みを開幕後も継続して行い、体力の「貯金」をしながら夏場に備えているのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る