巨人・菅野 都内の一等地に“超豪華億ション”購入していた

公開日: 更新日:

不動産業の父のアドバイスで

 巨人の2年目右腕、菅野智之(24)が公私ともに乗っている。

 25日の中日戦で8失点KOされるなど、少々夏バテ気味も、現在ハーラー2位タイの9勝5敗、防御率はリーグ3位の2・56。投球回数も130回で同2位の好成績を残している。2年目のジンクスどころか、いまだ1勝(6敗)の内海から巨人のエースの座を奪いつつある働きぶりだ。

 1年間の浪人を経て入団した昨季は、チームトップに並ぶ13勝(6敗)を挙げ、年俸は1500万円から5500万円増の7000万円。巨人の新人としては、1300万円から6600万円にアップした上原(レッドソックス)を超える史上最高額と話題になった。

 投球も年俸もすでに主戦級。当然、生活も変わった。

 昨年、1年目から活躍したことで、異例のマイカーと退寮の許可が下り、一人暮らしを始めた菅野は何と、東京都心の一等地に1億円といわれる超高級分譲マンションを購入していたのだ。菅野に近い関係者がこう証言する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る