復帰戦はいきなり完敗…今度は血圧が心配な楽天・星野監督

公開日: 更新日:

 試合開始直前には復帰セレモニー。左翼席のファンは闘将の「闘」の文字の入った旗を振り、メンバー交換を終えてベンチに戻る指揮官に大きな声援を送った。

 胸椎黄色靭帯骨化症から復帰した楽天の星野仙一監督(67)が25日、本拠地の日本ハム戦で2カ月ぶりに指揮を執った。病み上がりの指揮官にとって、何よりの良薬は白星。それはナインも百も承知していた。

 二回、聖沢のタイムリーで先制。虎の子の1点を守ろうと、バックが気を吐いた。四回1死から陽の痛烈な三塁線のライナーをキャプテンの松井稼がジャンピングキャッチ。抜ければ長打の当たりを1メートルも飛び上がって好捕した。

 五回2死二塁から飛び出した市川の中前打には聖沢が素早く反応。本塁へ矢のような返球で、二塁走者のミランダを刺した。

 が、六回。状況は一気に暗転した。1死後、先発の塩見が西川、小谷野に連打を浴びて一、二塁。失点は許されないという気負いで腕が振れなくなったのか、続く陽にストレートの四球で満塁。ここで佐藤投手コーチがマウンドに向かうも、次打者・中田への初球、カウントを取りに行った高めストレートを右翼スタンドに放り込まれた。まさかの逆転満塁弾を浴びて、タガが外れた。終わってみれば1-8の大敗だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る