復帰戦はいきなり完敗…今度は血圧が心配な楽天・星野監督

公開日:  更新日:

 試合開始直前には復帰セレモニー。左翼席のファンは闘将の「闘」の文字の入った旗を振り、メンバー交換を終えてベンチに戻る指揮官に大きな声援を送った。

 胸椎黄色靭帯骨化症から復帰した楽天の星野仙一監督(67)が25日、本拠地の日本ハム戦で2カ月ぶりに指揮を執った。病み上がりの指揮官にとって、何よりの良薬は白星。それはナインも百も承知していた。

 二回、聖沢のタイムリーで先制。虎の子の1点を守ろうと、バックが気を吐いた。四回1死から陽の痛烈な三塁線のライナーをキャプテンの松井稼がジャンピングキャッチ。抜ければ長打の当たりを1メートルも飛び上がって好捕した。

 五回2死二塁から飛び出した市川の中前打には聖沢が素早く反応。本塁へ矢のような返球で、二塁走者のミランダを刺した。

 が、六回。状況は一気に暗転した。1死後、先発の塩見が西川、小谷野に連打を浴びて一、二塁。失点は許されないという気負いで腕が振れなくなったのか、続く陽にストレートの四球で満塁。ここで佐藤投手コーチがマウンドに向かうも、次打者・中田への初球、カウントを取りに行った高めストレートを右翼スタンドに放り込まれた。まさかの逆転満塁弾を浴びて、タガが外れた。終わってみれば1-8の大敗だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る