無策棚上げ、文句ばかりの星野監督 今度は成績不振で休養も

公開日: 更新日:

 数字は正直だ。星野監督が復帰して5試合目となった30日のソフトバンク戦は、0-3でボロ負け。先発松井裕を打線が援護できず、4安打に抑えられた。

 これで監督復帰後は1勝4敗。勝率はわずか.200である。星野監督は試合後、「(松井裕は)いいボールは投げていた。でも0じゃ勝てない」とおかんむりだった。

 復帰後はわずか1勝しかできず、「ぬるい試合しやがって」「満塁でクソボールばかり振る。(コーチ陣が)厳しく言ってきてないから、そうなる」と、文句ばかり言っているが、それもこれも指揮官の采配に問題があるからじゃないのか。

■積極策に機動力を使った大久保代行とは正反対

 休養するまでの星野監督と、その方針を引き継いだ佐藤監督代行は合わせて28勝40敗。勝率は4割強で断然の最下位に沈んでいた。一方、「星野監督から『好きなようにやれ』と言われた」という大久保監督代行は、8勝9敗と5割近い勝率を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る