無策棚上げ、文句ばかりの星野監督 今度は成績不振で休養も

公開日: 更新日:

 数字は正直だ。星野監督が復帰して5試合目となった30日のソフトバンク戦は、0-3でボロ負け。先発松井裕を打線が援護できず、4安打に抑えられた。

 これで監督復帰後は1勝4敗。勝率はわずか.200である。星野監督は試合後、「(松井裕は)いいボールは投げていた。でも0じゃ勝てない」とおかんむりだった。

 復帰後はわずか1勝しかできず、「ぬるい試合しやがって」「満塁でクソボールばかり振る。(コーチ陣が)厳しく言ってきてないから、そうなる」と、文句ばかり言っているが、それもこれも指揮官の采配に問題があるからじゃないのか。

■積極策に機動力を使った大久保代行とは正反対

 休養するまでの星野監督と、その方針を引き継いだ佐藤監督代行は合わせて28勝40敗。勝率は4割強で断然の最下位に沈んでいた。一方、「星野監督から『好きなようにやれ』と言われた」という大久保監督代行は、8勝9敗と5割近い勝率を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  5. 5

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  6. 6

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  7. 7

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  8. 8

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  9. 9

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  10. 10

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

もっと見る