• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

無策棚上げ、文句ばかりの星野監督 今度は成績不振で休養も

 数字は正直だ。星野監督が復帰して5試合目となった30日のソフトバンク戦は、0-3でボロ負け。先発松井裕を打線が援護できず、4安打に抑えられた。

 これで監督復帰後は1勝4敗。勝率はわずか.200である。星野監督は試合後、「(松井裕は)いいボールは投げていた。でも0じゃ勝てない」とおかんむりだった。

 復帰後はわずか1勝しかできず、「ぬるい試合しやがって」「満塁でクソボールばかり振る。(コーチ陣が)厳しく言ってきてないから、そうなる」と、文句ばかり言っているが、それもこれも指揮官の采配に問題があるからじゃないのか。

■積極策に機動力を使った大久保代行とは正反対

 休養するまでの星野監督と、その方針を引き継いだ佐藤監督代行は合わせて28勝40敗。勝率は4割強で断然の最下位に沈んでいた。一方、「星野監督から『好きなようにやれ』と言われた」という大久保監督代行は、8勝9敗と5割近い勝率を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る