無策棚上げ、文句ばかりの星野監督 今度は成績不振で休養も

公開日:  更新日:

 数字は正直だ。星野監督が復帰して5試合目となった30日のソフトバンク戦は、0-3でボロ負け。先発松井裕を打線が援護できず、4安打に抑えられた。

 これで監督復帰後は1勝4敗。勝率はわずか.200である。星野監督は試合後、「(松井裕は)いいボールは投げていた。でも0じゃ勝てない」とおかんむりだった。

 復帰後はわずか1勝しかできず、「ぬるい試合しやがって」「満塁でクソボールばかり振る。(コーチ陣が)厳しく言ってきてないから、そうなる」と、文句ばかり言っているが、それもこれも指揮官の采配に問題があるからじゃないのか。

■積極策に機動力を使った大久保代行とは正反対

 休養するまでの星野監督と、その方針を引き継いだ佐藤監督代行は合わせて28勝40敗。勝率は4割強で断然の最下位に沈んでいた。一方、「星野監督から『好きなようにやれ』と言われた」という大久保監督代行は、8勝9敗と5割近い勝率を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

もっと見る