オリックスがキャンプ地移転発表 宮古島からあがる“悲鳴”

公開日: 更新日:

  タイミングが悪いとしか言いようがない。25日、オリックスが来春からのキャンプ地移転を発表。これまで22年間続いていた宮古島から宮崎市に移ることになった。

 瀬戸山球団本部長は主な理由に「練習試合を多く組めるメリット、施設の充実、多くのファンの来訪を望める環境」を挙げた。二軍はそのまま宮古島でキャンプを行う。

 これに悲鳴を上げているのが宮古島だ。オリックスはもっか2位。優勝すれば来春キャンプは注目度も上がり、例年以上の客足が望めるからだ。さらに今季は快進撃と共に「オリ姫」と呼ばれる若い女性ファンも増加中。これを取り込めないとあっては、観光地としては大打撃だ。宮古島の下地市長は島のオリックス・バファローズ協力会の会長と連名で以下のコメントを発表した。

「宮古島市民球場は(中略)老朽化が進み、現在のプロ球団が使用するには、最適な施設とはいいがたいものがあります。市としましては、球団の意向にできるだけ沿いながら、球場の整備や修復に努めてまいりましたが、やはり新設の球場や関連施設には及びません」

 現地の関係者が言う。

「大規模な球場改修案も出ていたが、なにせ宮古島は財政難。老朽化した球場を改修するには10億円は下らないだけに、やむなく断念した」

 宮古島は、泣くに泣けない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”