ペーニャが打つほどオリックス関係者が気を揉む“魔の手”

公開日: 更新日:

「モタモタしてるとさらわれちゃいますよ」

 オリックスのチーム関係者が気を揉んでいる。
 5日の日本ハム戦の九回、帯広球場の場外へ消える特大の勝ち越し弾を放ったペーニャ(32)のことである。

 チームは2連敗中で、後半戦に入って首位の座を明け渡したソフトバンクとのゲーム差は、今季最大の2.5に開いていた。そんな重苦しいムードをペーニャが振り払った。0-2の五回に1点差に迫る24号ソロ。今季4度目の1試合2発で森脇監督とナインの顔に笑顔を取り戻したが、対照的にチーム関係者は不安げに呟くのだ。

「ペーニャは1年契約。年俸も1億2000万円とそう高くない。25号はリーグ1位で、打点は2位。昨季まで所属していたソフトバンクは粗っぽい打撃でクビになったものの、日本球界3年目で環境にも慣れてきた。来季以降はますます計算できる。他球団が放っておくわけがありません。例えば巨人とカネの勝負になったら勝ち目はない。一日も早く契約延長交渉を始めて残留の方向でまとめないと…」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る