• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ペーニャが打つほどオリックス関係者が気を揉む“魔の手”

「モタモタしてるとさらわれちゃいますよ」

 オリックスのチーム関係者が気を揉んでいる。
 5日の日本ハム戦の九回、帯広球場の場外へ消える特大の勝ち越し弾を放ったペーニャ(32)のことである。

 チームは2連敗中で、後半戦に入って首位の座を明け渡したソフトバンクとのゲーム差は、今季最大の2.5に開いていた。そんな重苦しいムードをペーニャが振り払った。0-2の五回に1点差に迫る24号ソロ。今季4度目の1試合2発で森脇監督とナインの顔に笑顔を取り戻したが、対照的にチーム関係者は不安げに呟くのだ。

「ペーニャは1年契約。年俸も1億2000万円とそう高くない。25号はリーグ1位で、打点は2位。昨季まで所属していたソフトバンクは粗っぽい打撃でクビになったものの、日本球界3年目で環境にも慣れてきた。来季以降はますます計算できる。他球団が放っておくわけがありません。例えば巨人とカネの勝負になったら勝ち目はない。一日も早く契約延長交渉を始めて残留の方向でまとめないと…」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る