ペーニャが打つほどオリックス関係者が気を揉む“魔の手”

公開日:  更新日:

「モタモタしてるとさらわれちゃいますよ」

 オリックスのチーム関係者が気を揉んでいる。
 5日の日本ハム戦の九回、帯広球場の場外へ消える特大の勝ち越し弾を放ったペーニャ(32)のことである。

 チームは2連敗中で、後半戦に入って首位の座を明け渡したソフトバンクとのゲーム差は、今季最大の2.5に開いていた。そんな重苦しいムードをペーニャが振り払った。0-2の五回に1点差に迫る24号ソロ。今季4度目の1試合2発で森脇監督とナインの顔に笑顔を取り戻したが、対照的にチーム関係者は不安げに呟くのだ。

「ペーニャは1年契約。年俸も1億2000万円とそう高くない。25号はリーグ1位で、打点は2位。昨季まで所属していたソフトバンクは粗っぽい打撃でクビになったものの、日本球界3年目で環境にも慣れてきた。来季以降はますます計算できる。他球団が放っておくわけがありません。例えば巨人とカネの勝負になったら勝ち目はない。一日も早く契約延長交渉を始めて残留の方向でまとめないと…」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る