好調続くDeNA三浦 “奮投”の理由は「愛馬」にあり?

公開日: 更新日:

 DeNAの右腕・三浦大輔(40)が、ここにきて「奮投」を続けている。プロ23年目の今季は投手コーチを兼任。開幕から3試合に先発し0勝2敗。二軍落ちから6月に再昇格しても2連敗で再び二軍へ逆戻りした。

 ところが7月に戦列復帰すると、そこから別人のように白星を量産。昨28日の中日戦は勝敗が付かなかったものの、ここまで5連勝だ。

 09年に11勝を挙げて以来、2ケタ勝利を挙げていない。年俸1億8000万円の「おっさん右腕」がコーチ兼任となれば、それは今季限りの「肩たたき」とも受け取れる。でも三浦には、現役を1年でも長く続けたい理由がある。

■年間1500万円もの負担

 三浦は現在、JRAに所有馬2頭(リーゼントブルース・牡5、リーゼントロック・牡3)を持つ馬主でもある。毎月数万円程度の費用で済む一口馬主ならともかく、一般馬主は毎年、所有馬管理に莫大なカネがかかる。普通は馬1頭につき厩舎への預託金やカイバ(餌)代などを含め、月60万円程度。年間維持費は約720万円に上る。三浦は2頭を所有するため、年間約1500万円も負担していることになる。所有馬がレースに出走すれば、出走手当の他に賞金を稼ぐ可能性はあるものの、引退したプロ野球選手が長年続けられる道楽ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    「なんかモヤモヤ」投稿で破局が噂される剛力彩芽の今後は

もっと見る