盛岡大付の“大谷2世”松本 来年はDeNAで二刀流!?

公開日: 更新日:

 この夏の主役候補筆頭だ。日本ハムの「大谷2世」として注目を浴びる盛岡大付(岩手)の松本裕樹(3年)が昨3日、雨天のため、甲子園の室内で練習を行った。

 昨春以来となる聖地に「グラウンドでやりたかった。早く試合がしたい。まず1勝して全国制覇したい」と剛腕は意気込んだ。

 横浜の瀬谷ボーイズ出身。183センチ、80キロ。投げては最速150キロ。打っては4番として高校通算54本塁打。右投げ左打ちで、岩手大会決勝で撃破した花巻東出身の“二刀流”大谷とよく比較される。プロのスカウトからは「高校時代なら大谷より上」という声も上がるほどの逸材。県大会で早々と敗退し、評価を下げている済美の安楽とは対照的に、こちらは1位候補に躍り出ている。

 中でも熱心なのは“地元”DeNA。県大会3回戦で高田GMが自ら視察。「直球、変化球みんないい。凄い伸びしろ」と絶賛した。来年、大谷に続く“二刀流”が横浜スタジアムで見られるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る