日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DeNA若手はゲンナリ…301球投げ込む三浦のハッスル

 これで40歳というのだから恐れ入る。
 16日、DeNAの三浦大輔が投げ込みを行った。これまでも連日のようにブルペン入りしており、この日はなんと最多の301球。

 終了後は、「余計な力が抜けた、最後の一球がいいフォームだったね」と涼しい顔で言ってのけた。

 首脳陣にとっては頼もしい限りだが、若手投手陣にとってはたまったもんじゃない。三浦は今季から選手兼投手コーチ。それがブルペンで300球も投げられたのでは、「三浦コーチがあれだけ投げてるんだから、オレたちも同じくらい投げなきゃいけないのか…」というわけである。

 もちろん、球数が多ければいいというものではないし、調整法も個人個人で異なる。そんなことは百も承知とはいえ、首脳陣だって若手より中年投手が力投する姿を見れば、「ウチの若いヤツもあれくらい投げてくれればいいのに」と思うものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事