FA市場の台風の目? 広島の「スーパーサブ」に他球団垂涎

公開日: 更新日:

 ライバル球団の編成担当から、結構な人気があるらしい。広島の木村昇吾(34)のことである。

 7日のDeNA戦では1番一塁でスタメン出場し、3安打の活躍を見せたこのベテランは今季、国内FA権(8年)を取得。木村本人は「先のことまで考えられない。終わったらゆっくり考えたい」と話し、球団の鈴木本部長も「貴重な戦力」と引き留める方針だが、「年俸3100万円と格安でCランク。結構人気を集めると思う」(セ球団編成)と、高い評価を得ている。

 02年のドラフト11巡目という超下位指名で横浜(現DeNA)に入団した「松坂世代」。投手と捕手以外はどこでも守れるユーティリティー性、堅実な守備がウリの「スーパーサブ」は、08年に広島移籍後から着々と出場機会を増やし、昨季は62試合出場ながら打率・325と打撃も開眼。今季もここまで打率・296。控えではもったいないくらいの活躍を見せているが、広島の遊撃は新人の田中が成長。二塁は菊池、三塁には梵がいるため、守備固めなど出場機会が限られているのが現状だ。

「アッサリと広島残留が決まるかもしれないが、中日ヤクルト西武オリックスは二塁手もしくは遊撃手が欲しいだろう」(前出の編成担当)

 遅咲きの万能選手がFA市場の「台風の目」になるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  9. 9

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る