FA市場の台風の目? 広島の「スーパーサブ」に他球団垂涎

公開日: 更新日:

 ライバル球団の編成担当から、結構な人気があるらしい。広島の木村昇吾(34)のことである。

 7日のDeNA戦では1番一塁でスタメン出場し、3安打の活躍を見せたこのベテランは今季、国内FA権(8年)を取得。木村本人は「先のことまで考えられない。終わったらゆっくり考えたい」と話し、球団の鈴木本部長も「貴重な戦力」と引き留める方針だが、「年俸3100万円と格安でCランク。結構人気を集めると思う」(セ球団編成)と、高い評価を得ている。

 02年のドラフト11巡目という超下位指名で横浜(現DeNA)に入団した「松坂世代」。投手と捕手以外はどこでも守れるユーティリティー性、堅実な守備がウリの「スーパーサブ」は、08年に広島移籍後から着々と出場機会を増やし、昨季は62試合出場ながら打率・325と打撃も開眼。今季もここまで打率・296。控えではもったいないくらいの活躍を見せているが、広島の遊撃は新人の田中が成長。二塁は菊池、三塁には梵がいるため、守備固めなど出場機会が限られているのが現状だ。

「アッサリと広島残留が決まるかもしれないが、中日ヤクルト西武オリックスは二塁手もしくは遊撃手が欲しいだろう」(前出の編成担当)

 遅咲きの万能選手がFA市場の「台風の目」になるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  5. 5

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  6. 6

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  7. 7

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  8. 8

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  9. 9

    元WHO専門委員・左門新氏「コロナ対策は95%達成で十分」

  10. 10

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

もっと見る