FA市場の台風の目? 広島の「スーパーサブ」に他球団垂涎

公開日:  更新日:

 ライバル球団の編成担当から、結構な人気があるらしい。広島の木村昇吾(34)のことである。

 7日のDeNA戦では1番一塁でスタメン出場し、3安打の活躍を見せたこのベテランは今季、国内FA権(8年)を取得。木村本人は「先のことまで考えられない。終わったらゆっくり考えたい」と話し、球団の鈴木本部長も「貴重な戦力」と引き留める方針だが、「年俸3100万円と格安でCランク。結構人気を集めると思う」(セ球団編成)と、高い評価を得ている。

 02年のドラフト11巡目という超下位指名で横浜(現DeNA)に入団した「松坂世代」。投手と捕手以外はどこでも守れるユーティリティー性、堅実な守備がウリの「スーパーサブ」は、08年に広島移籍後から着々と出場機会を増やし、昨季は62試合出場ながら打率・325と打撃も開眼。今季もここまで打率・296。控えではもったいないくらいの活躍を見せているが、広島の遊撃は新人の田中が成長。二塁は菊池、三塁には梵がいるため、守備固めなど出場機会が限られているのが現状だ。

「アッサリと広島残留が決まるかもしれないが、中日、ヤクルト、西武、オリックスは二塁手もしくは遊撃手が欲しいだろう」(前出の編成担当)

 遅咲きの万能選手がFA市場の「台風の目」になるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る