FA市場の台風の目? 広島の「スーパーサブ」に他球団垂涎

公開日: 更新日:

 ライバル球団の編成担当から、結構な人気があるらしい。広島の木村昇吾(34)のことである。

 7日のDeNA戦では1番一塁でスタメン出場し、3安打の活躍を見せたこのベテランは今季、国内FA権(8年)を取得。木村本人は「先のことまで考えられない。終わったらゆっくり考えたい」と話し、球団の鈴木本部長も「貴重な戦力」と引き留める方針だが、「年俸3100万円と格安でCランク。結構人気を集めると思う」(セ球団編成)と、高い評価を得ている。

 02年のドラフト11巡目という超下位指名で横浜(現DeNA)に入団した「松坂世代」。投手と捕手以外はどこでも守れるユーティリティー性、堅実な守備がウリの「スーパーサブ」は、08年に広島移籍後から着々と出場機会を増やし、昨季は62試合出場ながら打率・325と打撃も開眼。今季もここまで打率・296。控えではもったいないくらいの活躍を見せているが、広島の遊撃は新人の田中が成長。二塁は菊池、三塁には梵がいるため、守備固めなど出場機会が限られているのが現状だ。

「アッサリと広島残留が決まるかもしれないが、中日ヤクルト西武オリックスは二塁手もしくは遊撃手が欲しいだろう」(前出の編成担当)

 遅咲きの万能選手がFA市場の「台風の目」になるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

  2. 2
    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

  3. 3
    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

  4. 4
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  5. 5
    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

  1. 6
    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

  5. 10
    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景

    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景