FA豊作年に大人気 水面下で進む日ハム宮西の争奪戦

公開日:  更新日:

 今年のオフは数年に一度の「FA豊作年」といわれている。

 オリックスの守護神としてリーグトップの34セーブを挙げる平野佳、ロッテのエース成瀬を筆頭に、能見(阪神)、山井(中日)、炭谷(西武)、細川(ソフトバンク)ら各チームの主力選手が軒並み国内FA権を取得。「シーズン最後までの一軍登録」という条件を加えれば、現在11勝のオリックス・金子も含まれる。

 そんな実力者の去就に注目が集まる中、「意外な選手が人気になる」ともっぱらだ。19日に国内FA権を取得した日本ハムの中継ぎ左腕・宮西尚生(29)だ。

 宮西は07年のドラフト3位で関西学院大からプロ入り。昨季までのプロ6年間の成績は17勝12敗1セーブで一度もタイトルを獲得したことはない。

 それでも、今季(52試合1勝5敗、防御率2.25)を含め、大きな故障もなく7年連続でシーズン50試合以上に登板。安定した成績が自慢。これが高い評価を得ていて、救援陣に不安を抱える複数の球団が獲得調査を進めているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る