FA豊作年に大人気 水面下で進む日ハム宮西の争奪戦

公開日: 更新日:

 今年のオフは数年に一度の「FA豊作年」といわれている。

 オリックスの守護神としてリーグトップの34セーブを挙げる平野佳、ロッテのエース成瀬を筆頭に、能見(阪神)、山井(中日)、炭谷(西武)、細川(ソフトバンク)ら各チームの主力選手が軒並み国内FA権を取得。「シーズン最後までの一軍登録」という条件を加えれば、現在11勝のオリックス・金子も含まれる。

 そんな実力者の去就に注目が集まる中、「意外な選手が人気になる」ともっぱらだ。19日に国内FA権を取得した日本ハムの中継ぎ左腕・宮西尚生(29)だ。

 宮西は07年のドラフト3位で関西学院大からプロ入り。昨季までのプロ6年間の成績は17勝12敗1セーブで一度もタイトルを獲得したことはない。

 それでも、今季(52試合1勝5敗、防御率2.25)を含め、大きな故障もなく7年連続でシーズン50試合以上に登板。安定した成績が自慢。これが高い評価を得ていて、救援陣に不安を抱える複数の球団が獲得調査を進めているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  9. 9

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  10. 10

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る