日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米国では争奪戦も…マエケンのメジャー行きに広島が難色

 広島のエース前田健太(26)といえば、昨オフの契約更改で本人がメジャー行きを熱望し、球団も理解を示したことで、今オフのメジャー挑戦が「既定路線」だが、球団側の雲行きが変わってきた。

 3日、前橋で行われた巨人との首位攻防第2戦に先発。この日もバックネット裏にメジャーのスカウトが陣取る中、長野に特大の2ランを浴びるなど6回4失点で8敗目(10勝)。今季、巨人戦に限れば0勝3敗のていたらくに、広島の球団関係者がこう言うのだ。

「マエケンのポスティングを許可するのは、球団に入札金の上限の20億円が入るケースに限るという方針になりそうなのです。入札金が20億円を下回りそうなら、慰留する可能性が高い。これは(松田)オーナーの意向でもあります。今年のマエケンはいい日と悪い日が交互で、安定感がない。右前腕の張り、左脇腹痛の影響もあるのでしょうが、20億円の入札金は厳しいというのが球団の見立てです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事