米国では争奪戦も…マエケンのメジャー行きに広島が難色

公開日: 更新日:

 広島のエース前田健太(26)といえば、昨オフの契約更改で本人がメジャー行きを熱望し、球団も理解を示したことで、今オフのメジャー挑戦が「既定路線」だが、球団側の雲行きが変わってきた。

 3日、前橋で行われた巨人との首位攻防第2戦に先発。この日もバックネット裏にメジャーのスカウトが陣取る中、長野に特大の2ランを浴びるなど6回4失点で8敗目(10勝)。今季、巨人戦に限れば0勝3敗のていたらくに、広島の球団関係者がこう言うのだ。

「マエケンのポスティングを許可するのは、球団に入札金の上限の20億円が入るケースに限るという方針になりそうなのです。入札金が20億円を下回りそうなら、慰留する可能性が高い。これは(松田)オーナーの意向でもあります。今年のマエケンはいい日と悪い日が交互で、安定感がない。右前腕の張り、左脇腹痛の影響もあるのでしょうが、20億円の入札金は厳しいというのが球団の見立てです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  5. 5

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  6. 6

    水害に遭ったら…片付けと清掃作業の手順に「6つの要点」

  7. 7

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  8. 8

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  9. 9

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  10. 10

    手越祐也の活躍にジャニーズ歯噛み?「嵐超え」も射程圏内

もっと見る