米国では争奪戦も…マエケンのメジャー行きに広島が難色

公開日:  更新日:

 広島のエース前田健太(26)といえば、昨オフの契約更改で本人がメジャー行きを熱望し、球団も理解を示したことで、今オフのメジャー挑戦が「既定路線」だが、球団側の雲行きが変わってきた。

 3日、前橋で行われた巨人との首位攻防第2戦に先発。この日もバックネット裏にメジャーのスカウトが陣取る中、長野に特大の2ランを浴びるなど6回4失点で8敗目(10勝)。今季、巨人戦に限れば0勝3敗のていたらくに、広島の球団関係者がこう言うのだ。

「マエケンのポスティングを許可するのは、球団に入札金の上限の20億円が入るケースに限るという方針になりそうなのです。入札金が20億円を下回りそうなら、慰留する可能性が高い。これは(松田)オーナーの意向でもあります。今年のマエケンはいい日と悪い日が交互で、安定感がない。右前腕の張り、左脇腹痛の影響もあるのでしょうが、20億円の入札金は厳しいというのが球団の見立てです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る