FA権取得も…森友哉「プロ1号」でかすむ西武正捕手・炭谷

公開日:  更新日:

「打席に立てば自動アウト」

 球界でも、そんな不名誉な呼ばれ方をされているのが西武の炭谷(27)だ。プロ入り8年間の通算打率は・204。キャリアハイは09年の・220だ。現在も打率・210と苦しんでいる。

 そんな炭谷が14日のオリックス戦では3打数2安打の活躍。これには周囲も驚くことしきりだが、この日取得した国内FA権と無関係ではないだろう。他のレギュラー陣がFA取得予定の年をまたぐ複数年契約を結ぶ中、炭谷だけは単年契約。

 西武は昨季ドラフトで「打てる捕手」の森を獲得出来ただけに、もはや炭谷は不要なのだ。

 FA権の行使については「まだシーズン中なので」と明言を避けた炭谷だが、このまま西武に残留しても控え捕手。FA宣言となるのだろう。問題は打撃だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る