FA権取得も…森友哉「プロ1号」でかすむ西武正捕手・炭谷

公開日: 更新日:

「打席に立てば自動アウト」

 球界でも、そんな不名誉な呼ばれ方をされているのが西武の炭谷(27)だ。プロ入り8年間の通算打率は・204。キャリアハイは09年の・220だ。現在も打率・210と苦しんでいる。

 そんな炭谷が14日のオリックス戦では3打数2安打の活躍。これには周囲も驚くことしきりだが、この日取得した国内FA権と無関係ではないだろう。他のレギュラー陣がFA取得予定の年をまたぐ複数年契約を結ぶ中、炭谷だけは単年契約。

 西武は昨季ドラフトで「打てる捕手」の森を獲得出来ただけに、もはや炭谷は不要なのだ。

 FA権の行使については「まだシーズン中なので」と明言を避けた炭谷だが、このまま西武に残留しても控え捕手。FA宣言となるのだろう。問題は打撃だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  3. 3

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  4. 4

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  5. 5

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  6. 6

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  9. 9

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  10. 10

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る