• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

また好投 広島ヒースは“助っ人恐怖症”巨人戦のキーマン

 またも好投である。広島の新助っ人右腕のヒース(29)が7回4安打無失点で2勝目。7月下旬に来日して8月に一軍登録されると、阪神、中日に次いで、この日は強力打線を誇るDeNAをねじ伏せた。

「この勝利に感謝したい」と笑みを浮かべた右腕は、3試合で防御率は驚異の0・47。メジャー通算は未勝利、年俸約2300万円の格安助っ人は、先発のバリントンが右ひじ痛で今季中の復帰が絶望視される中で、チームを救う働きをしている。

 この日は巨人が負けて自力優勝の可能性が復活。逆転優勝に向けて、大きな原動力となるはず。

 巨人との直接対決は残り4試合。15日からの3連戦と、10月5日の現時点での最終戦(ともにマツダ)。中5日で投げるヒースは、次の次の登板で、17日の巨人戦に初登板する可能性が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る