また好投 広島ヒースは“助っ人恐怖症”巨人戦のキーマン

公開日: 更新日:

 またも好投である。広島の新助っ人右腕のヒース(29)が7回4安打無失点で2勝目。7月下旬に来日して8月に一軍登録されると、阪神中日に次いで、この日は強力打線を誇るDeNAをねじ伏せた。

「この勝利に感謝したい」と笑みを浮かべた右腕は、3試合で防御率は驚異の0・47。メジャー通算は未勝利、年俸約2300万円の格安助っ人は、先発のバリントンが右ひじ痛で今季中の復帰が絶望視される中で、チームを救う働きをしている。

 この日は巨人が負けて自力優勝の可能性が復活。逆転優勝に向けて、大きな原動力となるはず。

 巨人との直接対決は残り4試合。15日からの3連戦と、10月5日の現時点での最終戦(ともにマツダ)。中5日で投げるヒースは、次の次の登板で、17日の巨人戦に初登板する可能性が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

  10. 10

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

もっと見る