サイクル安打達成 広島“格安”助っ人ロサリオの「契約秘話」

公開日: 更新日:

「とてもうれしい! 最後の打席と思ったので、内野安打になれと思って一塁まで全力疾走した。ありがとうございます」

 巨人との首位攻防戦には敗れたものの、リーグ史上31人目のサイクルヒットを達成した広島のロサリオ(25)が笑顔で快挙を喜んだ。

 今季5試合目の1番に座ったドミニカンは、初回に先頭打者本塁打を放つと左翼フェンス直撃三塁打、四球、右翼フェンス直撃二塁打で王手をかけ、最後は全力疾走の三塁内野安打で決めた。

 ドミニカ共和国のカープアカデミー出身のロサリオ、その原点は06年から12年まで所属したカージナルスにある。カージナルスは、マイナー選手に守備位置までの全力疾走、ベンチからの声出しなど、野球に取り組む真摯な姿勢を徹底的に叩き込む。

「ムラッ気があってアバウトな性格だったロサリオは、カージナルスの7年間で結果を残せなかったが、野球に対する誠実な態度が身についたようだ。広島では、コーチの教えをまじめに聞いて、打撃技術も良くなっている。母国語はスペイン語ですが、英語を必死で学んで、ある程度の会話はできるようになった。5月に好調をキープしながら外国人枠の関係で二軍落ちしたときも、キレることなく素直にチーム方針を受け入れていた」とは、地元マスコミ関係者。この日の試合後の記者会見でも、たどたどしい英語で、一生懸命に話をしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  7. 7

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  10. 10

    上場を目指す企業が入居ビルを適当に選んではいけない理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る