日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季で引退のジーター 本拠地最終戦は“できすぎ”サヨナラ打

 最後は劇的な幕切れとなった。

 今季限りでの引退を表明しているヤンキースのデレク・ジーター内野手(40)が25日(日本時間26日)、今季の本拠地最終戦のオリオールズ戦に「2番・遊撃」で出場。5-5で迎えた九回、1死二塁の場面でサヨナラの右前打。旧ヤンキースタジアムを含めてメジャーデビュー以来、20年間プレーしてきた最後の本拠地の試合に自ら花を添えた。

 二塁走者が生還すると、ベンチからナインが一斉に飛び出し、きょうの主役を祝福。ジラルディ監督やイチロー、黒田ら選手、関係者一人一人と抱き合った。

 試合後には松井やポサダ、リベラといったかつての同僚が20年間の現役生活をねぎらうシーンも見られた。

 なお、この試合で先発した黒田博樹(39)は8回を3安打2失点と好投。本拠地最終戦をもり立てたが、12勝目(9敗)はならなかった。

▽ジーターのコメント
「今日はどんなプレーをしたのか覚えていない。最初の打席もひじ当てを忘れたし。(ファンは)『サンキュー、デレク』と言ってくれたけど、自分は自分の仕事をしてきただけ。ここ数週間は変な気持ちだった。これまで楽しい日々でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事