今季で引退のジーター 本拠地最終戦は“できすぎ”サヨナラ打

公開日:  更新日:

 最後は劇的な幕切れとなった。

 今季限りでの引退を表明しているヤンキースのデレク・ジーター内野手(40)が25日(日本時間26日)、今季の本拠地最終戦のオリオールズ戦に「2番・遊撃」で出場。5-5で迎えた九回、1死二塁の場面でサヨナラの右前打。旧ヤンキースタジアムを含めてメジャーデビュー以来、20年間プレーしてきた最後の本拠地の試合に自ら花を添えた。

 二塁走者が生還すると、ベンチからナインが一斉に飛び出し、きょうの主役を祝福。ジラルディ監督やイチロー、黒田ら選手、関係者一人一人と抱き合った。

 試合後には松井やポサダ、リベラといったかつての同僚が20年間の現役生活をねぎらうシーンも見られた。

 なお、この試合で先発した黒田博樹(39)は8回を3安打2失点と好投。本拠地最終戦をもり立てたが、12勝目(9敗)はならなかった。

▽ジーターのコメント
「今日はどんなプレーをしたのか覚えていない。最初の打席もひじ当てを忘れたし。(ファンは)『サンキュー、デレク』と言ってくれたけど、自分は自分の仕事をしてきただけ。ここ数週間は変な気持ちだった。これまで楽しい日々でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

もっと見る