今季で引退のジーター 本拠地最終戦は“できすぎ”サヨナラ打

公開日: 更新日:

 最後は劇的な幕切れとなった。

 今季限りでの引退を表明しているヤンキースのデレク・ジーター内野手(40)が25日(日本時間26日)、今季の本拠地最終戦のオリオールズ戦に「2番・遊撃」で出場。5-5で迎えた九回、1死二塁の場面でサヨナラの右前打。旧ヤンキースタジアムを含めてメジャーデビュー以来、20年間プレーしてきた最後の本拠地の試合に自ら花を添えた。

 二塁走者が生還すると、ベンチからナインが一斉に飛び出し、きょうの主役を祝福。ジラルディ監督やイチロー、黒田ら選手、関係者一人一人と抱き合った。

 試合後には松井やポサダ、リベラといったかつての同僚が20年間の現役生活をねぎらうシーンも見られた。

 なお、この試合で先発した黒田博樹(39)は8回を3安打2失点と好投。本拠地最終戦をもり立てたが、12勝目(9敗)はならなかった。

▽ジーターのコメント
「今日はどんなプレーをしたのか覚えていない。最初の打席もひじ当てを忘れたし。(ファンは)『サンキュー、デレク』と言ってくれたけど、自分は自分の仕事をしてきただけ。ここ数週間は変な気持ちだった。これまで楽しい日々でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る