黒田が今オフ広島復帰 ヤンキースが再契約を見送る方針

公開日: 更新日:

 19日(日本時間20日)のブルージェイズ戦に先発、7回途中3失点で3試合ぶりの白星となる今季11勝目を挙げたヤンキースの黒田博樹(39)が、今オフの去就に関して、親しい関係者にこう話したという。。

「ボロボロになる前に戻ろうと思っている。そろそろ考えないといけないかな」

 もちろん「戻る」場所は広島だ。

 今季は右膝手術のエース左腕サバシア、右肘靭帯部分断裂の田中ら開幕時の先発投手4人が離脱する中、ただひとりローテーションを守った。ここまで30試合に登板し、10勝9敗、防御率3.81。日本人投手では初めて5年連続2ケタ勝利を達成した。

 すでにヤンキースは地区優勝を逃し、ポストシーズン進出は絶望的だが、黒田の貢献度は絶大だ。しかし、だからといって来季もピンストライプのユニホームに袖を通せるとは限らない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る