森高夕次
著者のコラム一覧
森高夕次漫画家・漫画原作者

1963年、長野県生まれ。コージィ城倉のペンネームで89年「男と女のおかしなストーリー」でデビュー。原作を務める「グラゼニ」(「モーニング」連載中)は「お金」をテーマにした異色の野球漫画としてベストセラーに。

プロ野球はユニホームを脱いだら実は超学歴社会

公開日:  更新日:

 以前、漫画家仲間があるプロ野球OBから聞いた話で、「へえ」と思ったことがある。

 そのOBは高校時代に甲子園で優勝し、そのままドラフト1位でプロ入り。現役を20年近く続けた。現在は野球解説者。こわもての風貌とは裏腹な軽妙でユーモアに富んだ語り口を個性とし、新聞やテレビで活躍している。引退後も野球の仕事で飯を食っていけるのはほんの一握りということを考えれば、「勝ち組」に属するひとりと言っていいこのOBが、それでもいまだに、「実はプロ入りの際に明治大学への進学が決まっていたんです」と明かしながら、こう嘆いているというのだ。

「高校から直接プロには行かず、明治に行っておけばよかったなぁ。そしたら、ボクの人生も変わってましたよ」

 最近になってよくこの話を思い出すのは、プロ野球界における「大卒ブランド」の強力さを、ボク自身が改めて痛感しているからなのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る