森高夕次
著者のコラム一覧
森高夕次漫画家・漫画原作者

1963年、長野県生まれ。コージィ城倉のペンネームで89年「男と女のおかしなストーリー」でデビュー。原作を務める「グラゼニ」(「モーニング」連載中)は「お金」をテーマにした異色の野球漫画としてベストセラーに。

プロ野球はユニホームを脱いだら実は超学歴社会

公開日: 更新日:

 以前、漫画家仲間があるプロ野球OBから聞いた話で、「へえ」と思ったことがある。

 そのOBは高校時代に甲子園で優勝し、そのままドラフト1位でプロ入り。現役を20年近く続けた。現在は野球解説者。こわもての風貌とは裏腹な軽妙でユーモアに富んだ語り口を個性とし、新聞やテレビで活躍している。引退後も野球の仕事で飯を食っていけるのはほんの一握りということを考えれば、「勝ち組」に属するひとりと言っていいこのOBが、それでもいまだに、「実はプロ入りの際に明治大学への進学が決まっていたんです」と明かしながら、こう嘆いているというのだ。

「高校から直接プロには行かず、明治に行っておけばよかったなぁ。そしたら、ボクの人生も変わってましたよ」

 最近になってよくこの話を思い出すのは、プロ野球界における「大卒ブランド」の強力さを、ボク自身が改めて痛感しているからなのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  5. 5

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  6. 6

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  7. 7

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  8. 8

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  9. 9

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  10. 10

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

もっと見る